【保存版】7つの屋根修理相場とそれを0円にする方法

Pocket

屋根修理相場屋根瓦が割れたり、塗装が変色してきたりで、屋根を修理しなければいけないなと思いつつもその相場が高いのではと気になって、なかなか「見積り」という行動が起こせないのではありませんか?

ましては、屋根修理は悪徳業者の代名詞にもなっているほどの業界です。無料で見積りを取るだけでも気軽にできないのが現実です。

しかし、前もって屋根修理の相場感が掴めていたら、相場よりも高い修理費用を払う危険は激減しますよね。

そこで、この記事では、屋根修理の相場をはっきりと金額でお伝えします。今後の屋根修理の見積り時に参考にしてください。

1.屋根修理の相場

屋根修理の方法にも色々ありますが、ここでは要望が多い6つの屋根修理方法の相場をお伝えします。

注意:金額に大きな幅があることをご了承ください。その理由は、次項目の「2.相場金額の幅が大きい3つの理由」をご覧ください。

1-1.屋根塗装の場合

41スレート変色→2gif11スレート塗装完了

屋根塗装相場 35万円~120万円/1棟

 

■概要

・古い塗装を除去
プリント
・シーラーを塗る ※塗料の吸込みを防ぐ下地処理の塗料をシーラーといいます。
プリント
・新しい塗料を塗り、乾燥すれば完了

もっと詳しい屋根塗装の作業工程は「屋根塗装をするときに押さえるべき6つのこと」でご確認できます。

1-2.棟板金修理の場合

11板金サビ→2gif11棟板金交換完了2

棟板金修理相場 35万円~120万円/1棟

■概要

・傷んだ棟板金とヌキ板の取り除き
プリント
・新しいヌキ板の取り付け
プリント
・新しい棟板金を取り付けて完了

棟板金修理の詳細は「屋根修理は早期修理が重要|費用を0円にする方法を教えます」に掲載してありますので、興味がある方はご覧ください。

1-3.スレート補修の場合

スレートひび割れ→2gifスレート交換1枚コーキング完了

スレート補修相場 1万円~3万円/1枚
25万円~80万円/1棟

 

■概要

・割れたスレートの取り除き
プリント
・コーキングを塗布
プリント
・新しいスレートを設置して完了

詳しいスレートの補修方法を知りたい方は「プロが教える!雨漏り修理方法と料金目安」で、その詳細を載せていますので、よろしければご覧ください。

1-4.漆喰補修の場合

14漆喰補修前→2gifOLYMPUS DIGITAL CAMERA

漆喰補修相場 30万円~80万円/1棟

 

■概要

・古い漆喰の取り除き
プリント
・下処理
プリント
・新しい漆喰を塗布後、乾燥すれば完了

さらに詳しい漆喰補修の方法は「プロが教える!雨漏り修理方法と料金目安」で、その詳細を説明しています

1-5.瓦補修の場合

11割れた瓦→2gif11かわら1枚交換完了

瓦補修相場 1万円~3万円/1枚
30万円~100万円/1棟

 

■概要

・傷んだ瓦の取り除き
プリント
・野地板の確認
プリント
・新しい瓦の設置で完了

詳しい瓦補修の方法は「プロが教える!雨漏り修理方法と料金目安」で確認できます。

1-6.棟瓦修理の場合

11棟かわら撤去→2gif11棟かわら積み直し後

棟瓦修理相場 50万円~150万円

■概要

・古い棟瓦の取り除き
プリント
・下地を整える
プリント
・新しい棟瓦を設置して完了

1-7.屋根葺き替えの場合

10瓦撤去中→2gif9葺き替え完了

屋根葺き替え相場 30万円~270万円/1棟

 

■概要

・古いすべての屋根材の取り除き
プリント
・ルーフィングの交換
プリント
・すべて新しい屋根材を設置すれば完了

屋根の葺き替え方法をもっと詳しく知りたい方は「屋根を葺き替えする時に必ず知ってほしい6つのアドバイス」で詳細を説明していますので、ぜひご覧ください。

屋根修理の相場一覧表

屋根塗装相場 35万円~120万円/1棟
棟板金修理相場 35万円~120万円/1棟
スレート補修相場 1万円~3万円/1枚
25万円~80万円/1棟
漆喰補修相場 30万円~80万円/1棟
瓦補修相場 1万円~3万円/1枚
30万円~100万円/1棟
棟瓦修理相場 50万円~150万円
屋根葺き替え相場 30万円~270万円/1棟

 

2.相場金額の幅が大きい3つの理由

極力、幅を小さくして金額をお出ししようと試みたのですが、下記の理由より上記金額幅が限界でした。どうかご了承ください。

2-1.理由:足場の有無

屋根の勾配(傾斜)などの状況によっては、どうしても足場を組まないと修理できないこともあります。当然足場を組まなければ、相場は安くなります。ちなみに一般住宅でも足場費用は、平均10万円~30万円です。より詳しい足場費用については「足場は必要?不要?|その費用目安について」でお伝えしています。

2-2.理由:屋根職人とアルバイト職人の人件費

2014年現在では、東京オリンピックと東日本大震災の復興事業に大量の屋根職人を奪われ、一般住宅の現場では、屋根職人は常に人手不足の状態です。そのため、年々人件費は増加の一途を辿っています。一方、悪徳業者では、経験不足のアルバイト職人を雇用していますので、人件費は抑えられています。その差は3倍~5倍になることもあります

2-3.理由:修理面積や修理方法、材料の違い

同じ屋根塗装でも50㎡と100㎡では、その費用相場大きく異なるのは当然ですが、その塗装方法も上塗りを1度なのか2度なのかで全く手間や時間が違うので、相場が大きく異なります。また塗料の種類でも断熱性がある塗料と、そうでない塗料とでは、その塗料価格は数倍、差が出ることもあります。

 

3.優良業者の屋根修理相場は高い

優良業者とは、キチンとした屋根修理を確実にお客様に提供できる業者のことですよね。それを行なうには、次の3点が必要になります。

 3-1.経験豊富な屋根職人

経験豊富でないと、最善な修理方法や適切な材料を選ぶことが絶対にできません。

 3-2.法令順守通りの足場

いくら経験豊富な屋根職人でも身の危険を感じながら、作業をするとその腕は鈍ってしまいます。そのため、優良業者はほとんどの現場では足場を設置しています。

 3-3.適切な利益

業者にも適切な利益が残らないと、経費削減ばかりに気を取られ、肝心の屋根修理施工が疎かになりがちになります。優良業者では、お客様の方向に向いた施工するため、適切な利益を確保しています。

この3点により、優良業者の屋根修理相場は必ず高くなります。逆にいえば、相場が安い業者は、そのほとんどが手抜き修理を行なっていると考えていいでしょう。

 

4.屋根修理相場が0円になる可能があります

キチンとした屋根修理を依頼するには、どうしても高い料金が必要になります。この高い料金を安くしようとすれば、手抜き業者の罠に掛かってしまいます。しかし、実は屋根修理料金は、業者の探し方次第で負担金0円にすることができます。そのワケは火災保険の風災補償です。

4-1.火災保険の風災補償とは

風災補償とは、強い風が原因で屋根などの住宅に損害が発生した場合に、保険会社がその損害額を補償してくれることです。

火災保険会社HP

出典 http://www.sompo-japan.co.jp/kinsurance/habitation/sumai/sche/wind/
※平成26年7月1日に更新され 表示が異なっています。

汎H1H4_1126入稿.ai

パンフ三井住友火災

風災補償の強い風は、台風や竜巻などのニュースになるような強烈な強い風だけではありません。

このように台風や竜巻でなくても屋根が壊れることは頻繁にあります。屋根修理が必要になる原因ナンバー1は「経年劣化」+「風災」です。もちろん100%風災でなくても、火災保険の風災補償の対象となります。

4-2.負担金0円にできる具体的な方法

具体的にどのようにすれば、火災保険で屋根を修理できるか、つまり負担金0円で屋根を修理できるかは「知らないと損!屋根修理を火災保険で無料にする方法」でその内容を詳しくお伝えしています。

5.100%悪徳業者の被害に遭わない方法

悪徳業者が千差万別で多種多様なのは、ご存じですよね。「手抜き修理」「ボッタクリ」「追加費用」などその手口を挙げればキリがありません。

一方、優良業者は、真面目にコツコツとやるべき修理手順を行ない、常にお客様のことを第一に考え、日々変わらず活動しています。全く多種多様になる必要はありません。

 もう、得体の知れない悪徳業者を探し出すことをやめませんか?逆転の発想です。これからは優良業者を探し出すことに専念すべきです。

 優良業者は、いつもお客様のメリットを第一に考えながら、屋根修理を行なっています。優良業者なら、電話問合せの際、必ず負担金0円で屋根修理できる可能性について言及してくれるはずですよね。屋根修理業者が火災保険の風災補償を知らないはずがありませんから…。

言及してくれるかどうかは、電話問合せ1本するだけで分かります。その具体的な問合せ方法は「屋根修理の詐欺被害に遭わないたった1つの方法」で詳しくお伝えしています。

6.まとめ

屋根修理の相場についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?どうしても金額幅が大きくなってしまいましたが、見積りの際、参考にしてみてください。特に相場が安い業者には気をつけてくださいね。

Pocket

The following two tabs change content below.
越尾 酉太

越尾 酉太

株式会社ジャスト 社外相談役の越尾酉太です。一般社団法人 日本損害保険協会の鑑定人でもあります。火災保険で屋根修理出来ることが、保険加入者の「当然の権利」であることを皆様にお伝えするため、日々奮闘中です。

火災保険で修理出来るかどうかをお調べします。

屋根調査を実施中!

もしも、あなたが火災保険加入者で

・屋根・雨樋・漆喰などの修理を考えている

・雨漏りがしている

・カーポート・ベランダ・テラス屋根などを直したい

など、屋根についてお困りでしたら、

まずは屋根調査をお申込みください。

火災保険申請サポート付きの屋根修理工事をご提供しています。

知らないと損!負担0円で屋根修理出来るタイミングとその具体的な手順をお教えします。

ルーフパートナー無料EBook

・今は、まだ屋根に急を要するほどの不具合はない
・よくわからないので、そのまま放置している
・まだ雨漏りしていないから、このままでも大丈夫

などと、屋根修理をいつまでも後回しにしていたら、気付かないうちに思わぬ大きな損をする可能性があります。しかし、だからと言って壊れや破損等をはっきりと確認出来ていないのに、すぐに屋根修理するのも禁物です。

そこで、無料EBookでは負担0円で屋根修理出来るタイミングとその手順をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の住宅屋根の修理時にお役立てください。

無料EBookをダウンロードする

ご質問、ご感想をこちらからどうぞ

*