足場は必要?不要?|その費用目安について

Pocket

足場屋根修理や外壁塗装の際に見積書の内訳を見て「足場費用って結構、高額だけど本当に必要なの?」または高所作業が平気な人なら「DIYで足場を組めるかも」と安易に思われているのではありませんか。

そこで、今日は足場の「足場に必要性」「その費用目安」「DIYをおススメしない理由」をお伝えしたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.足場とは

足場:パイプ、単管ビケ足場1

工事現場等において,高いところで作業するために足を踏み留まっていられる場所を確保する構造物のことを指します。通常は、一時的に使用されることが多く、鋼管のパイプや枠などで組み立てた仮設構造物がこれにあたります。代表的な足場の種類には「パイプ足場・単管足場」「ビケ足場」などがあります。

2.足場の必要性について

予算の都合で致し方なく、足場を組まないことが稀にありますが、足場は、ほぼ必須といっていいほど必要です。なぜならば、足場は職人のケガや命を守るためだけでなく、施主であるあなたの利益も守っているからです。

万が一、足場がなかったために転落して職人から死者が出ると、施主のあなたにも精神面や風評被害などの不利益が出ることは想像できますよね。また足元が不安定な体勢では、いくら職人とはいえ、作業精度が劣ってしまうこともあります。

2-1.シートベルトやエアバッグと同じ役目

足場は、結果的に必要なかったとしても、万が一に備えて必要なのです。分かりやすい例でいいますと、車のシートベルトやエアバッグと同じ役目と思っていただければと思います。

3.自分で足場を組まないほうがいい

足場:DIY×

器用な方は、見よう見まねで自分でも組めるかもと思われがちですが、パイプ足場の組み立てほど、見るとやるとでは大きな違いがあるものはありません。

一見プラモデルを作るように簡単に組めそうですが、キチンとした足場を組むには、高度な計算能力と豊富な経験が欠かせません。

この2つを習得するには、飲み込みの早い方でも半年~1年は掛かるといわれています。一般の方が足場を組むと以下3つのデメリットがあるといわれています。

3-1.倒壊の危険

足場の基本な構造力学を学んでいないので、職人が足を掛けると足場がずれたり、突風が吹いた際に、足場の一部が倒壊する危険があります。

3-2.自宅を傷つける

素人の方が組むと、足場の倒壊を防ごうとして、外壁に穴開けや釘打ちをしてしまい、傷んでもいない外壁を傷つけることになります。

3-3.結果的に費用が高くなることもある

足場を購入すれば購入費はもちろんですが、後に保管する倉庫費用なども発生します。ビケ足場の購入価格は、一般住宅用で約100万円です。

またビケ足場をレンタルしてもレンタル料も思いのほか高く、さらに運搬費等も掛かり、結果的に業者に依頼するよりも高くなる可能性もあります。ちなみにレンタル料が高い原因は、ビケ足場をレンタルする業者が少ないからです。

4.足場費用の目安

ここでは、業者に足場設置を依頼した場合の費用目安をお伝えします。

足場費用の目安 600円~1,500円/㎡

※㎡数は、外壁面積の10%~15%増しが目安です。
※組立費用、解体費用、運搬費用などを含む総額です。

5.足場費用を実質0円にできる方法があります

足場を設置する理由は、ほとんどが屋根修理や外壁塗装のためではないでしょうか。その修理や塗装をすることになった原因が100%経年劣化でなければ、その足場費用を実質0円にできる方法があります。

それは「火災保険の風災補償」の活用です。実は屋根や外壁の傷みは、そのほとんどが「風災」+「経年劣化」で発生しているのです。100%経年劣化で傷むことは非常に稀なのです。

5-1.火災保険の風災補償とは

突風や台風などで損害を受けた場合、その損害金額(修理費用)を保険会社が補償してくれるというものです。もちろん損害金額(修理費用)の中には足場費用も含まれています。

さらに詳しい説明をお求めの方は「屋根リフォーム費用の相場と少しでも安くするための全手順」でその詳細をお伝えしています。

6.まとめ

足場の必要性、その費用目安についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。足場は、自動車のシートベルトと同様に屋根修理や外壁塗装とワンセットであることを承知していただければ幸いです。

Pocket

The following two tabs change content below.
越尾 酉太

越尾 酉太

ルーフパートナー管理者の越尾酉太です。一般社団法人 日本損害保険協会の鑑定人でもあります。火災保険で屋根修理出来ることが、保険加入者の「当然の権利」であることを皆様にお伝えするため、日々奮闘中です。

火災保険で修理出来るかどうかをお調べします。

屋根調査を実施中!

もしも、あなたが火災保険加入者で

・屋根・雨樋・漆喰などの修理を考えている

・雨漏りがしている

・カーポート・ベランダ・テラス屋根などを直したい

など、屋根についてお困りでしたら、

まずは屋根調査をお申込みください。

火災保険申請サポート付きの屋根修理工事をご提供しています。

知らないと損!負担0円で屋根修理出来るタイミングとその具体的な手順をお教えします。

ルーフパートナー無料EBook

・今は、まだ屋根に急を要するほどの不具合はない
・よくわからないので、そのまま放置している
・まだ雨漏りしていないから、このままでも大丈夫

などと、屋根修理をいつまでも後回しにしていたら、気付かないうちに思わぬ大きな損をする可能性があります。しかし、だからと言って壊れや破損等をはっきりと確認出来ていないのに、すぐに屋根修理するのも禁物です。

そこで、無料EBookでは負担0円で屋根修理出来るタイミングとその手順をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の住宅屋根の修理時にお役立てください。

無料EBookをダウンロードする

ご質問、ご感想をこちらからどうぞ

*