火災保険でリフォームは無理ですが、修理をするための方法

Pocket

火災保険-リフォーム「火災保険で家のリフォームが出来ます」などと書かれたチラシを見たり、突然、営業マンが訪れて「あなたの家は火災保険でリフォーム出来ますよ」と言われ、何だか怪しいな~と思われていますよね。

そのお気持ちをスッキリさせるために、この記事では「リフォーム」「修理」「火災保険」の関係について詳しくお伝えします。

 1.リフォームと修理の違いについて

ここでは、ほとんどの人が混同されているリフォームと修理の違いについて、簡単にまとめてお伝えします。

1-1.リフォームとは

主に住宅の増改築,内部の改装のことで、間取りの変更や模様替え、外壁の張り替え、壁や床、天井の断熱性、遮音性を高めたり、台所や浴室の設備を替えるなどがリフォームといわれています。

つまり、施主の要望を踏まえながら、部材や設備を新品交換または追加して新しく価値を高める工事のことです。

1-2.修理とは

壊れたり傷んだりした部分に手を加えて、再び以前の状態に戻すことが修理といわれています。

つまり、基本的には部材や設備の新品交換や追加をせず、再び本来の価値を回復さる工事のことです。

この2つの違いをしっかりと覚えておいて下さい。次項目でお伝えする内容を理解するうえで、キーポイントになります。

2.火災保険について

火災保険には通常、自動で様々な特約補償が付いています。その特約内容は「落雷」「破裂・爆発」「風災・雪災」「漏水」「盗難」などがあります。ここからは、その中でもリフォームと修理に一番関連する「風災・雪災」補償についてお伝えします。

2-1.「風災・雪災」補償について

風災雪災

風災とは、突風や強風で損害を受けることです。例えば、瓦落ちや瓦割れなどがそれに当たります。雪災とは積雪によって損害を受けることです。例えば、屋根からの滑り雪による雨樋歪みやテラス屋根の破損などです。

これらの損害を元通りにするための費用を補償することが「風災・雪災」補償です。補償ということは、つまり保険会社がその費用を肩代わりしてくれることですね。

2-2.リフォームは火災保険では無理

火災保険の風災・雪災補償は、あくまでも風や雪で壊れた箇所を以前と同じ状態に戻す(元通り)ことが対象です。だから価値を高めるリフォームを対象にしていないのです。

2-3.価値の回復(原状回復)までしか補償されません

その補償の程度は、損害前の価値に戻す修理のみです。新品交換や塗装などは補償の対象ではありません。

2-4.その判断は鑑定人が行う

風災や雪災かどうかの判断や補償額の決定は、保険会社と契約している鑑定会社が行ないます。その鑑定会社は、鑑定を主要業務にしているので様々なノウハウや高度な技術を持っています。

よくネット上で、嘘か真か不明ですが、不正に申請させて保険金を給付させた悪徳業者のことが書かれていますが、私の経験からは、そんなに簡単に鑑定会社を騙せることは出来ないはずですが・・・。

さらに詳しい「風災・雪災」補償の仕組みを知りたい人は「知らないと損!屋根修理を火災保険で無料にする方法」でその詳細をお伝えしています。

3.詐欺業者かどうかを見分ける方法

火災保険でリフォームや修理ができると聞くと、真っ先に疑うのが詐欺ですよね。ここでは100%ではありませんが、一般の人でも比較的簡単に詐欺業者かどうかを見分け方法をお伝えします。

3-1.外壁や室内を火災保険でリフォームしましょう=詐欺の可能性が高い

なぜ、詐欺の可能性が高くなるのかの根拠を2つお伝えします。

■風災や雪災に遭いにくい箇所だから

室内や外壁は、屋根によって雨風から守られているので、風災や雪災に遭いにくい箇所といえます。そんな被害を受けにくい箇所を火災保険でリフォーム修理できますと勧めてくる業者は、詐欺業者の可能性が高いといわざるを得ません。

【注意】しかし、台風時の物が飛んできて外壁にキズ付いた、台風時の室内の水濡れ等は、火災保険の対象です。

■室内は使用劣化が激しいから

室内の床や壁、水回りなどは、住人が生活において最も使用する箇所です。壊れや傷があってもその原因のほとんどは、使用中によるものと考えられます。そんな使用劣化である可能性が高い箇所を火災保険で修理しましょうと勧めてくる業者も詐欺の可能性が高いでしょう。

【注意】しかし、水濡れ補償がある火災保険では、漏水や排水管詰まりによる水濡れ被害も対象になっています。ご自身が加入されている火災保険の補償内容を一度よく確認しておきましょう。

3-2.屋根のみを火災保険で修理しましょう=詐欺の可能性が低い

天候から外壁や室内を守っているのが屋根ですよね。屋根は風や雪、雨、雹など影響を一番受けている箇所です。つまり、屋根は風災や雪災に遭っている可能性が非常に高い箇所なのです。だから屋根のみを火災保険で修理しましょうとしている業者は、とても理に適っているので安心できる業者ではないでしょうか。

多くの人は屋根が被災しても、雨漏りしない限り、ほとんど気付かれないので、定期的に屋根調査をされることをおススメします。もちろん、屋根のみを火災保険で修理する業者限定ですけどね。

4.まとめ

火災保険で外壁や室内をリフォームすることは出来ませんが、屋根修理なら出来る可能性があることをご理解いただけたでしょうか。火災保険で修理リフォームする業者は全て詐欺だとは思わず、しっかりとこの記事内容を理解してキチンとした業者に依頼すれば、本当に負担金0円で屋根を修理出来ることもあります。

Pocket

The following two tabs change content below.
越尾 酉太

越尾 酉太

ルーフパートナー管理者の越尾酉太です。一般社団法人 日本損害保険協会の鑑定人でもあります。火災保険で屋根修理出来ることが、保険加入者の「当然の権利」であることを皆様にお伝えするため、日々奮闘中です。

火災保険で修理出来るかどうかをお調べします。

屋根調査を実施中!

もしも、あなたが火災保険加入者で

・屋根・雨樋・漆喰などの修理を考えている

・雨漏りがしている

・カーポート・ベランダ・テラス屋根などを直したい

など、屋根についてお困りでしたら、

まずは屋根調査をお申込みください。

火災保険申請サポート付きの屋根修理工事をご提供しています。

知らないと損!負担0円で屋根修理出来るタイミングとその具体的な手順をお教えします。

ルーフパートナー無料EBook

・今は、まだ屋根に急を要するほどの不具合はない
・よくわからないので、そのまま放置している
・まだ雨漏りしていないから、このままでも大丈夫

などと、屋根修理をいつまでも後回しにしていたら、気付かないうちに思わぬ大きな損をする可能性があります。しかし、だからと言って壊れや破損等をはっきりと確認出来ていないのに、すぐに屋根修理するのも禁物です。

そこで、無料EBookでは負担0円で屋根修理出来るタイミングとその手順をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の住宅屋根の修理時にお役立てください。

無料EBookをダウンロードする

皆様からのコメント

  1. さんのコメント:

    >あなたが火災保険加入者で
    >・屋根・雨樋・漆喰などの修理を考えている
    >・雨漏りがしている
    >・カーポート・ベランダ・テラス屋根などを直したい
    上記についての質問です。
    火災保険で風災害関係も契約しています。
    [質問内容]
    2世帯住宅で2階ベランダから1階への雨漏りまたは雨シミ等があった
    場合、保険での修理は可能なのでしょうか?

    • 越尾 酉太 越尾 酉太 さんのコメント:

      森さま
      お問合せをありがとうございます!早速ですが、お答えしますね。ほとんどの場合、ベランダからの雨漏りは、施工不良または経年劣化が原因です。直接、保険で雨漏り修理することはできませんが、間接的には保険で雨漏り修理できる可能性は十分にありますので、まずは屋根調査をお申込みください。もちろん、調査の結果、保険対象でない場合でも費用は掛かりませんので、安心してください。

ご質問、ご感想をこちらからどうぞ

*