絶対に騙されない!屋根修理詐欺の実態と悪質な修理業者の見分け方

絶対に騙されない!屋根修理詐欺の実態と悪質な修理業者の見分け方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事は計16,470の方が参考にしています。

ネットやニュース特集などで屋根修理の詐欺情報を見たり、訪問営業で屋根修理業者が来て、「屋根が傷んでいてこのままでは大変なことになりますよ!」と言われ、この業者は悪徳で詐欺被害に遭わないかと不安になっていませんか?

または、以前担当者の態度が怪しかったことや電話連絡してもすぐに対応してくれないなどで、今回は新しい屋根修理業者を探されているのではないでしょうか?

その際、一番気に掛かるのは悪徳業者の存在ですよね。手抜き業者やボッタクリ業者などの詐欺に引っかかるのは、なんとしても避けたいものです。

実は、近年この記事で紹介する悪徳業者らが多くなっており、被害に遭う人も増加傾向にあります。このページでは、ユニークな逆転の発想から、悪徳屋根修理業者の詐欺に騙されない方法をお伝えします。もちろん、だれにでもすぐにできる方法です。

悪徳屋根修理業者の詐欺に騙されない方法

8見積り工事一式-大幅値引き

世の中には悪徳屋根修理業者の詐欺情報がいっぱい溢れていますよね。

  • 「見積書の内訳が工事一式だけの業者」
  • 「大幅な値引きをする業者」
  • 「訪問販売をしている業者」
  • 「営業マンに修理知識がない業者」
  • 「不安を煽る業者」
  • 「屋根修理写真を提出しない業者」
  • 「契約を急がせる業者」

などがあります。その他にも詐欺情報はまだまだありそうですが、キリがないので割愛します。

悪徳業者は多種多様で千差万別

そうなんです。キリがないのです。常に悪徳業者は新たな詐欺を生み出すので、その騙す手法は無限に広がり、その実態を把握することはほとんど不可能といえます。

すでにあなたが調べた悪徳業者の詐欺は、もう時代遅れの手口かもしれませんよ。

自分が悪徳業者にでもならない限り、掴むことができない詐欺手口を必死になって調べて、悪徳業者を見分けるよりも、実はもっといい方法があります。

悪徳業者ではなく優良業者を知ろう

それは優良業者を見つけ出すことです。悪徳業者の詐欺手口を調べるのではなく、優良業者を見つけることに頭を切り替えることがポイントです。

逆転の発想!「詐欺に遭わない方法=優良業者を見つける方法」なのです!

「何言ってるの!その優良業者がよく分からないから、悪徳業者の詐欺手口を調べているんでしょ!」そんな声が聞こえてきそうですね。

優良業者とは

8手抜きのない屋根修理-価格ダウン

まずは 私たちが考える優良業者のことをお伝えします。

優良業者とは、お客様の利益を本当に最優先で考え、実際に行動する業者です。そのお客様利益の中には、もちろん修理技術や電話対応なども含まれますが、最も重要なお客様利益は、屋根修理費用などのお金だと考えております。

あなたの負担金をできる限り少なくし、キチンとした手抜きのない屋根修理施工を行なう業者が優良業者だと私たちは考えています。

「屋根修理費用を安くすること」⇔「屋根修理施工の質を下げない」

この相反することを実現できている業者が、最も優良であるのではないでしょうか。実はあるキーワードで優良業者は簡単に見つけることができます。

キーワード = 火災保険の風災補償

そのキーワードとは「火災保険の風災補償」です。

8火災保険風災補償2

 簡単に説明しますね。火災保険の風災補償とは、火災被害以外でも突風や強風で屋根などの住宅に不具合が生じた場合に、その屋根修理費用(損害金額)を保険会社が支払うことです。

つまり、風災補償であなたは負担金0円で屋根の修理ができるということです。ほとんどの方は、この「風災補償」をご存じありませんが、保険会社のホームページでも告知されています。

スクリーンショット 2014-06-09 11.22.38

出典 http://www.sompo-japan.co.jp/
※平成26年7月1日に更新され 表示が異なっています。

 もっと詳しく火災保険の「風災補償」について知りたい方は、「火災保険を使って屋根修理が0円でできる仕組みと確実な申請方法」の記事をお読みください。

風災補償は業者側にもメリットがある

ウィンウィンの関係02

また「風災補償」は、私たち業者にもメリットがあります。それは定価に近い金額で屋根修理依頼をいただけることが多くなることです。

通常、保険会社から支払われる損害金額(屋根修理費用)は、保険特有の方式で計算されて世間相場とは異なります。(必ず、定価の保険金が支払われるわけではありません)

もちろん、その差額は屋根修理施工の質をアップという形でお客様にも還元します。

屋根修理の詐欺に騙されないための実践内容

この火災保険の風災補償の存在を活用すると簡単に優良業者を見つけることができます。その具体的な方法は、ただ下記の言葉で屋根修理業者に電話問合せするだけです。

電話口で「魔法の言葉」を言う

「突風で屋根が壊れたのですが、安く修理していただけますか?」

実際には突風で屋根が壊れていなくても、また火災保険に加入されていなくても、あえてこの問合せをしてみてください。

この問合せの目的は優良業者を見つけることなのですから。ちなみに私たちは、この問合せを「魔法の問合せ」と呼んでいます。

たったこれだけの問合せで、すぐにその屋根修理業者が考えていることが分かります。

優良業者は必ず火災保険に言及する

その業者の電話応対が「それは屋根を調査してみないと安くできるかどうかはわかりませんね」というようなことであれば、残念ですがその業者は優良とは言えません。

優良業者であれば、はじめに火災保険の加入有無を必ず確認するはずです。

優良業者の電話応対例

「突風で屋根が壊れたのですが、安く修理していただけますか?」(あなた)
矢印↓
「それは災難でしたね。ではお伺いしますが、火災保険にご加入は?」(業者)
矢印↓
「はい。加入しています」(あなた)
矢印↓
「それでしたら、屋根修理費用については心配される必要はありませんよ」(業者)
矢印↓
「えっ、どうしてなんですか?」(あなた)

「魔法の言葉」で悪徳業者は排除できる

その理由はもうお分かりですね。そうです。火災保険の風災補償を利用すれば、あなたの屋根修理費用が負担0円になる可能性があるからです。

あなたにとってこのような最大級の利益があるにもかかわらず、火災保険には一切触れず、見積り調査を勧めてくる業者は、自分勝手でお客様の利益はほとんど考えていないでしょう。

そんな業者に屋根修理を依頼したら、自社利益を優先させた屋根修理工事になることは火を見るより明らかです。

突風で屋根が壊れたのですが、安く修理していただけますか?優良業者は、この「魔法の問合せ」で見つけましょう!

この「魔法の問合せ」は永遠に有効です

悪徳業者は、その詐欺手口が世間に広まると、大多数に敬遠されて経営が成り立たなくなります。そして次から次へと新たな詐欺手法を編み出します。

そのため、あなたが調べたその詐欺手法もすぐに陳腐化してしまい、その予防対策をしても役に立たなくなります。

一方、優良業者はお客様利益を最優先に経営しています。世の中に胸を張れる経営方針ですので、恐れる必要もなく、また変える必要もありません。

よってこの「魔法の問合せ」を覚えておけば、住宅関連の業者を選ぶ際には、永遠に役立つこと間違いありません。「魔法の問合せ」は、永遠に有効です!

まとめ

この記事の悪徳屋根修理業者の詐欺に騙されない方法はいかがでしたでしょうか。

突風で屋根に被害がない方や、火災保険に加入されていない方は、「魔法の問合せ」を使うのはちょっと気が引けるかもしれませんが、勇気をだしてやってみてください。本当に面白いようにその業者の優劣が分かると思いますよ。

もう屋根修理業者の詐欺手法をヘトヘトになりながら調べて、結局どの業者がいいのか分からなくなる日々から卒業しませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
越尾 酉太

越尾 酉太

ルーフパートナー管理者の越尾酉太です。一般社団法人 日本損害保険協会の鑑定人でもあります。火災保険で屋根修理出来ることが、保険加入者の「当然の権利」であることを皆様にお伝えするため、日々奮闘中です。

お役に立てましたら、一人でも多くの方にシェアをお願いいたします。

ご質問・ご相談などお気軽にお書きください。

11 コメント - "絶対に騙されない!屋根修理詐欺の実態と悪質な修理業者の見分け方"

avatar
  返事があった際、通知を受け取る  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »
兒玉義明
ゲスト

瓦に破れているところの修理と雨樋の修理をするのは、費用はどの位かかるのでしょうか?

相川敏男
ゲスト

母親が契約して、既に工事が始まってるんですが、火災保険の適用は今からでも出来るのでしょうか?
因みに足場はくんでません。

みづき
ゲスト

半年ほど前に突風でカーポート、ベランダの屋根の一部及び雨樋が壊れてしまい、保険会社に修理費用の見積もりを提出したところ、20万円に満たないということで保険がおりませんでした。この度、台風による長雨で、新たに雨漏りが発生しましたが、前回の分と合わせて20万円を超えると保険を請求する事は出来るのでしょうか?因みに前回の分は未修理です。

渡邊
ゲスト

母がいきなり訪問してきたリフォーム会社の人に屋根が浮いていてこのままだと雨漏りして大変なことになると言われ、屋根に上り亀裂が入っていると写真を見せられ、そのまま請書にサインして契約してしまいました。
屋根カバー工法
ベスト~ガルテクト47坪
2,900,000円
と書いてあります。
怪しいので解除したいと思っているのですが、
工事内容と金額は妥当なのでしょうか。

松田
ゲスト

スレート屋根七年目で棟の釘浮き、さび、スレートの浮きが確認されました。太陽光がのっていて、塗り替えではなく、ガルバニウム鋼板を上から張ることをすすめられました。太陽光パネルの脱着を含め、207万円ほどの見積もりでした。工事内容、金額は妥当でしょうか?