竜巻被害を加入中の保険で賄うための基礎知識

Pocket

竜巻 保険「突然、竜巻に襲われで屋根や瓦が飛んで途方に暮れている」
「近くで竜巻が発生して不安だ。何かいい手立てはないだろうか」
そんな不安に掻き立てられている中、竜巻に効く保険があると、噂で聞いたことはないでしょうか?

竜巻被害に効く保険はあります。それは火災保険・自動車保険です。実はすでに加入済みの保険で十分に竜巻被害にも対応しているのです。この記事では「なぜ、火災保険・自動車保険が竜巻被害でも効くのか」を詳しく説明していきます。

すでに竜巻被害に遭われてしまった方は復旧に、また今後の竜巻に不安を感じられている方はその対策にお役立てください。

1.竜巻被害でも保険が効く仕組み

ここでは「住宅」「家財」「自動車」のそれぞれの竜巻被害に対する仕組みをお伝えします。

最初は、竜巻の住宅被害からです。

1-1.住宅に竜巻被害を受けた場合

火災保険には、ほぼ自動的に「風災補償」が付いています。まずは下記をご覧ください。

竜巻被害には火災保険も使える

出典 http://www.sompo-japan.co.jp/kinsurance/habitation/sumai/sche/wind/
※平成26年7月1日に更新され 表示が異なっています。

雪災補償パンフレット

 

竜巻は天災と思われがちですが、それは間違った認識です。竜巻被害は、上記の風災に含まれます。従って竜巻被害は火災保険の「風災補償」でカバーされます。

竜巻=風災

「風災補償」というと、火災保険の中でもオプション特約のように特別な契約だと思い、私の火災保険では「風災補償」が付いていないと諦める必要は、まったくありません。

昔の火災保険は「風災補償」が必須でしたので、あなたの火災保険にも必ず「風災」補償がついているはずです。しかし、最近では「風災補償」をオプションで外すことができる火災保険も登場していますので、ここ10年以内に加入された方は、保険証券や保険会社で確認しましょう。

■風災補償がポイント

7突風-木枯らし風災とは、強い風によって損害を受けることをいいます。その強い風とは、最大瞬間風速が20メートル以上の風です。そのイメージは突風や強風以上の風です。台風や竜巻はもちろん強い風になります。

 風災補償とは、その強い風によって受けた損害を保険会社が補償することです。わかりやすくいいますと、竜巻で壊れた箇所の修理費用を保険会社が支払ってくれるわけです。

 【ちなみに】カーポートやベランダ、テラスなども住宅の一部ですので、火災保険の風災補償の対象内です。住宅と一緒にその修理費用もカバーされます。

 

この火災保険の風災補償が、竜巻被害でも効く仕組みのポイントです。まずは、保険証券を確認したり、保険会社などに電話して、加入中の火災保険に風災補償が付いていることを確かめましょう!

1-2.家財に竜巻被害を受けた場合

火災保険の対象には大きく分けて2つあります。それは不動産である住宅と、動産である家財です。火災保険の契約時に、通常、家財も対象にするかしないかを決めているはずです。保険料を抑えるため、家財を対象から外される方は、結構おられますので特に注意が必要です。

家財を対象にしていない方は、残念ですが竜巻被害でもその補償を受けることはできません。すべて自費で修理または買い換えることになります。

一方、家財も対象にしている方は、住宅と同様に火災保険の対象となり、その損害は風災補償でカバーされます。破損被害だけでなく、水濡れ被害も対象です。例えば、テレビには全く破損はないけれども、竜巻時の雨で濡れてしまい、テレビが使い物にならなくなった。このような場合も補償されますので安心してください。

保険証券や保険会社への問合せで、加入中の火災保険が家財対象かどうかをすぐに確認しましょう。

 1-3.自動車に竜巻被害を受けた場合

自動車の竜巻被害は、自動車保険で補償をされることがあります。しかし、どの自動車保険でも補償されるわけではありません。

絶対条件としては、必ず車両保険にも加入していることです。車両保険に加入されていない方は、一切補償されませんので、酷なようですが保険で自動車を修理することが諦めてください。

車両保険には以下の4種類ありますが、その中でも1種類は竜巻被害が対象ではありませんので、注意してください。

  一般車両保険   プリント 竜巻被害OK
  車両危険限定A  プリント 竜巻被害OK
  エコノミー車両保険+A  プリント 竜巻被害OK
  車対車特約付き車両保険
 プリント 竜巻被害NG

 

それぞれの車両保険の詳しい補償内容はhttp://jidousha-hoken.info/shikumi/syaryo_syurui.htmlで確認できます。車両保険に加入されている方は、車対車特約付き車両保険でないかの確認を保険証券ですぐに確認しましょう。

【予備知識】国や自治体から助成金、見舞金等が出ることがある。
竜巻の被害状況によっては、国の激甚災害指定や自治体が災害救助法や被災者生活再建支援制度を設け、助成金、見舞金等が出ることがあります。詳しくは「激甚災害指定」やそれぞれの自治体で確認できます。http://www.bousai.go.jp/taisaku/gekijinhukko/index.html

2.風災補償を使った竜巻被害→復旧の流れ

■応急処置(あなた・業者)

ブルーシートを被せるなどの応急処置をする。業者に応急処理を依頼する場合は、必ず、応急処理前後の写真撮影と領収証を取っておきましょう。応急処置費用も風災補償でカバーされます。

矢印↓

■保険会社へ連絡(あなた)

保険証券がお手元になくでも大丈夫です。保険会社名と電話番号が分かれば、保険契約者の名前だけで受付してくれます。

矢印↓

■見積り依頼(あなた)

一般の修理業者ではなく、風災補償の専門業者に見積もり依頼することがコツです。その理由は次項目を参照。

矢印↓

■調査見積りの実施(専門業者)

矢印↓

■屋根調査報告書・見積書の作成と自宅送付(専門業者)

矢印↓

■保険請求書類(屋根調査報告書・見積書など)を保険会社に提出(あなた)

矢印↓

 ■鑑定人による屋根調査の実施(保険会社側)

※竜巻の規模によっては、この屋根調査の実施は省略されることもあります。

矢印↓

■被災額の確定後、保険金額の決定(保険会社側)

矢印↓

■保険金の支払い(保険会社)

矢印↓

■被災箇所の屋根修理施工(専門業者)

 

全行程で約3ヶ月以上要する場合もあります。竜巻被害に遭ったらすぐに行動を起こすことが一番重要です。そのためにも日ごろから保険証券の所在は確認しておきましょう。最低でも保険会社名と契約者氏名を記憶しておくことが必須です。

3.損害保険金の額について

風災補償では、実際に支給される損害保険金の額は、主に2つの定められた数式で計算されます。

 ■実損払い方式

契約した保険金額を上限に損害額の全額を損害保険金として支払う方式です。この方式では、保険会社が認定すれば、見積り金額がそのまま損害保険金の額になります。

【具体例】 保険金額800万円。確定した損害額60万円 保険価額1000万円(住宅時価のこと)

損害保険金の額=損害額=60万円

 

■比例てん補方式

損害保険の額=損害額×保険金額÷(保険価格×80%)の計算式で保険金が支払われています。

この方式では、保険契約時の価格と竜巻被害に遭った時の時価の割合に応じて保険金が減額されて支払われます。

【具体例】 保険金額600万円。確定した損害額60万円 保険価額1000万円(住宅時価のこと)

損害保険金の額=45万円=60万円×600万円÷(1000万円×0.8)

 

このように契約する保険金額がその時の住宅時価より80%以下だと、損害保険金の額が減額されてしまいます。あなたの契約した保険金額で、実損払い方式になるのか、または比例てん補方式になるのかは、保険会社に問合せしたら調べていただけます。

その他費用保険金として、臨時費用保険金を100万円以内で、損害保険金の30%を限度に、そして残存物片付け費用を損害保険金の10%を限度に実費の支払いがなされます。

竜巻被害時においては、その減額率が僅かでも損害額が大きいので、受取る損害保険金の額に大きな差が出ます。特に住宅が全壊した場合は、その減額される額が数百万円にあることもあります。竜巻対策の一環として、今加入中の火災保険の金額を見直してみましょう。

4.風災補償の手続きは専門業者に任せるべき

上記の計算式からも分かるように、保険金の決め手は損害額(修理費用)です。保険会社の鑑定会社が認定すればという条件付きですが、損害額≒修理費用≒見積り金額が多いほうが、基本的に支給される保険金は多くなります。

見積り金額を多くするには、悪徳業者にようにただ単に単価を高くすればいいというわけではありません。高くなる根拠をしっかりと提示して、鑑定人に納得してもらう必要があります。

風災補償を扱っている専門業者には、鑑定人を納得させるその経験とノウハウがあります。同じ風災補償で申請をするのであれば、断然専門業者に見積り依頼するほうが住宅復旧には優位です。

その専門業者については「知らないと損!屋根修理を火災保険で無料にする方法」で詳しく説明しています。またインターネットで「風災補償 専門業者」を検索すれば、いくつかの専門業者サイトがありますので、実際に自身で検索してみましょう。

5.竜巻被害に対応している保険会社・電話番号

東京海上日動火災保険株式会社 :0120-051-021
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/

株式会社損害保険ジャパン :0120-727-110
http://www.sompo-japan.co.jp/

三井住友海上火災保険株式会社 :0120-258-189
http://www.ms-ins.com/

AIU損害保険株式会社 :0120-019-016
http://www.au-sonpo.co.jp/

明治安田損害保険株式会社 :0120-550-346
http://www.meijiyasuda-sonpo.co.jp/

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 :0120-985-024
http://www.aioinissaydowa.co.jp/

共栄火災海上保険株式会社 :0120-044-077
http://www.kyoeikasai.co.jp/

富士火災海上保険株式会社 :0120-228-386
http://www.fujikasai.co.jp/

日本興亜損害保険株式会社 :0120-250-119
http://www.nipponkoa.co.jp/

日新火災海上保険株式会社 :0120-257-474
http://www.nisshinfire.co.jp/

セコム損害保険株式会社 :0120-210-545
http://www.secom-sonpo.co.jp/

朝日火災海上保険株式会社 :0120-120-555
http://www.asahikasai.co.jp/

アイペット損害保険株式会社 :0800-919-1525
http://www.ipet-ins.com/

アクサ損害保険株式会社 :0120-699-644
http://www.axa-direct.co.jp/

アニコム損害保険株式会社 :0800-111-1091
http://www.anicom-sompo.co.jp/

イーデザイン損害保険株式会社 ;0120-097-045
http://www.edsp.co.jp/

エイチ・エス損害保険株式会社
http://www.hs-sonpo.co.jp/

SBI損害保険株式会社 :0800-8888-836
http://www.sbisonpo.co.jp/

ジェイアイ傷害火災保険株式会社 :0120-399-061
http://www.jihoken.co.jp/

セゾン自動車火災保険株式会社 :0120-251-024
http://www.ins-saison.co.jp/

ソニー損害保険株式会社 :0120-303-709
http://www.sonysonpo.co.jp/

そんぽ24損害保険株式会社 :0120-119-007
http://www.sonpo24.co.jp/

大同火災海上保険株式会社 :0120-331-308
http://www.daidokasai.co.jp/

トーア再保険株式会
http://www.toare.co.jp/

日本地震再保険株式会社
http://www.nihonjishin.co.jp/

日立キャピタル損害保険株式会社 :0120-815-366
http://www.hitachi-ins.co.jp/

三井ダイレクト損害保険株式会社 :0120-312-770
http://www.mitsui-direct.co.jp/

6.まとめ

この記事では、竜巻被害は通常の火災保険で十分に賄えることをお伝えしました。火災保険は火災だけでなく、竜巻や台風、突風などの風災や大雪などの雪災、ヒョウ災にも対応していることを覚えておきましょう。

また近年はオプションで「風災・雪災・ヒョウ災」補償を外せることができるようですが、一番保険金支払いが多いのが、この風災補償です。保険料を気にするあまり風災補償を外されることは絶対におススメしません。

Pocket

The following two tabs change content below.
越尾 酉太

越尾 酉太

株式会社ジャスト 社外相談役の越尾酉太です。一般社団法人 日本損害保険協会の鑑定人でもあります。火災保険で屋根修理出来ることが、保険加入者の「当然の権利」であることを皆様にお伝えするため、日々奮闘中です。

火災保険で修理出来るかどうかをお調べします。

屋根調査を実施中!

もしも、あなたが火災保険加入者で

・屋根・雨樋・漆喰などの修理を考えている

・雨漏りがしている

・カーポート・ベランダ・テラス屋根などを直したい

など、屋根についてお困りでしたら、

まずは屋根調査をお申込みください。

火災保険申請サポート付きの屋根修理工事をご提供しています。

知らないと損!負担0円で屋根修理出来るタイミングとその具体的な手順をお教えします。

ルーフパートナー無料EBook

・今は、まだ屋根に急を要するほどの不具合はない
・よくわからないので、そのまま放置している
・まだ雨漏りしていないから、このままでも大丈夫

などと、屋根修理をいつまでも後回しにしていたら、気付かないうちに思わぬ大きな損をする可能性があります。しかし、だからと言って壊れや破損等をはっきりと確認出来ていないのに、すぐに屋根修理するのも禁物です。

そこで、無料EBookでは負担0円で屋根修理出来るタイミングとその手順をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の住宅屋根の修理時にお役立てください。

無料EBookをダウンロードする

ご質問、ご感想をこちらからどうぞ

*