屋根修理の費用目安と助成金を使って修理費用を抑える方法

屋根修理の費用目安と助成金を使って修理費用を抑える方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事は計41,869の方が参考にしています。

屋根修理費用

屋根の修理を検討中のみなさん、屋根修理にどれくらい費用がかかるのか、気になりますよね。

ルーフパートナーが過去に関わった屋根修理の費用から、おおよその目安を割り出すと、30万円から270万円でした。

屋根の修理は、修理の内容によって大きく異なります。

そこでこの記事では、屋根修理の内容別に、費用の目安と費用を抑える方法を紹介します。

\助成金を使って屋根修理を行う方法はこちら/

屋根修理の費用目安

修理方法別に費用目安をまとめてみました。

なお今回紹介する金額は、実際に支払う足場代も含んだ総額です。

【注意】 屋根の損害状況によって金額に大きな幅がでてしまいます。ご了承ください。すぐに自宅の屋根修理費用が知りたい方は、【チャット診断】をご利用ください。

まずは修理内容ごとの費用相場を一覧で紹介します。(修理内容をタップすると詳しい費用の内訳を確認できます)

修理内容 費用総額
屋根の葺き替え10屋根板金:コーキング 30万円~270万円
屋根の塗装スレートの塗装が完了した様子の写真 35万円~120万円
棟板金(むねばんきん)交換棟板金の交換修理が完了した様子の写真 30万円~100万円
棟瓦の積み直し棟瓦の積み直しが完了した後の写真 50万円~150万円
ストレートの交換スレート交換修理が完了した様子の写真 1枚:1万円~3万円
全体:25万円~80万円
瓦の交換修理瓦の交換修理が完了した様子の写真 1枚:1万円~3万円
全体:30万円~100万円
漆喰の塗り直し漆喰の補修が完了した様子の写真 30万円~80万円

屋根の葺き替え

屋根葺き替えが完了した写真

費用の総額

30万円~270万円

費用の内訳

材料費  9万円~81万円
足場代  0円~54万円
人件費  5万円~81万円
諸経費  1万円~27万円
粗利益  3万円~27万円

屋根の塗装

スレートの塗装が完了した様子の写真

費用の総額

35万円~120万円

費用の内訳

材料費  5万円~15万円
足場代  0円~54万円
人件費  10万円~27万円
諸経費  3万円~12万円
粗利益  3万円~12万円

棟板金の交換修理

棟板金の交換修理が完了した様子の写真

費用の総額

30万円~100万円

費用の内訳

材料費  5万円~20万円
足場代  0円~20万円
人件費  9万円~40万円
諸経費  3万円~10万円
粗利益  3万円~10万円

棟瓦の積み直し修理

棟瓦の積み直しが完了した後の写真

費用の総額

50万円~150万円

費用の内訳

材料費  10万円~35万円
足場代  0円~20万円
人件費  15万円~65万円
諸経費  5万円~15万円
粗利益  5万円~15万円

スレートの交換修理・全体補修

スレート交換修理が完了した様子の写真

費用の総額

スレート交換補修(1枚) 1万円~3万円
スレート修理(全体) 25万円~80万円

費用の内訳(全体)

材料費  5万円~20万円
足場代  0円~20万円
人件費  10万円~24万円
諸経費  2万円~8万円
粗利益  2万円~8万円

瓦の交換修理・全体補修

瓦の交換修理が完了した様子の写真

費用の総額

瓦交換補修(1枚) 1万円~3万円
瓦修理工事(全体) 30万円~100万円

費用の内訳(全体)

材料費 9万円~30万円
足場代 0円~20万円
人件費 10万円~30万円
諸経費 3万円~10万円
粗利益 3万円~10万円

漆喰の塗り直し修理

漆喰の補修が完了した様子の写真

費用の総額

30万円~80万円

費用の内訳

材料費  3万円~10万円
足場代  0円~20万円
人件費  21万円~34万円
諸経費  3万円~8万円
粗利益  3万円~8万円

【注意事項】

  • 一般的な広さ15坪~25坪程度・一般的なグレードの材料で計算しています。
  • 足場代も含みますが、必要でない場合は上記金額より安くなります。
  • 屋根の勾配(傾斜)や周辺環境によって金額範囲外になることもあります

ちなみに、屋根修理の工事内容については「屋根修理の方法や費用の詳細と業者の選び方をプロが徹底解説」記事に詳しく書いてます。

屋根修理費用の金額について

屋根修理にかかる費用が、想像以上に高いと思われたのではありませんか?

ただしっかりとした施工方法で修理を行なうには、どうしても上記金額が必要なのです。

そのワケは職人と足場代です。

屋根職人の人件費は高い

屋根に上れる職人の人数は、水周りや内装、外壁職人と比べれば数%しかいないと言われるほど非常に少ないのです。

そのため職人を確保するために高額な手間賃(給料)が掛かります。まして腕のいい職人は、さらに高額になり、修理費用に反映されます。

足場代も高い

同様に足場を組める職人も少人数しかいません。

しかも足場職人は創意工夫できる頭と計算力、経験がないと一人前になれないため、その人数は極端に少ないといえます。

そのため足場代も高騰中です。当然ですが、この足場代も修理費用に加算されます。足場なしで修理することは可能ですが、落下危険防止のため、極力足場を組むことが望ましいでしょう。

自分で屋根修理をしても安くならない

一般の方が屋根修理に挑んでも、まともな修理できないため、ほとんどの場合、業者に依頼することになり、結局は修理費用が掛かります。

また自分で修理を行うと、間違った修理や作業中の破損などで本来より費用が多額になってしまうことも多いようです。

それに屋根修理は高所作業になりますので、落下の恐れがあり非常に危険です。

結局は手間だけが多く掛かって安くならないので、自分で屋根修理をするのは絶対に止めましょう。

安かろう良かろうはありません

いくら安い業者を見つけたとしてもすぐに雨漏りしたり、また再修理が必要になったら意味がありませんよね。

そんな残念な結果にならないためには、しっかりとした施工方法で修理できる職人・業者に依頼するしかありません。

格安でキチンした屋根修理をする職人や業者はいません。ルーフパートナー編集部が断言します。

そこでどうしても必要なのが、高額な職人の手間賃(給料)と足場代なのです。

屋根修理の費用を抑えたいなら業者を比較しよう

屋根修理の費用を抑えたいなら、複数の業者の見積もりを比較しましょう。職人の手間賃と足場代は、業者によって金額が異なるからです。

ヌリカエというサイトを使えば、屋根修理業者の見積もりを一括で比較できます。また屋根修理に使える助成金の情報も教えてくれるので、一石二鳥ですよ。

ヌリカエの4つの特徴

では次に、助成金をつかって屋根の修理費用を抑える方法を紹介します。

助成金をつかって屋根の修理費用を抑える方法

屋根の修理を検討しているみなさんは、屋根の修理につかえる自治体の助成金をご存じでしょうか?

以下の条件を満たしていれば、屋根の修理に20万円~30万円の助成金が出る場合があります。

助成金をもらうための5つの条件

屋根の修理までいかなくとも、断熱効果のある塗料をつかった屋根塗装に助成金が出る地域もあります。

助成金は返済する必要がないお金なので、使えるものがあるなら使っておきたいところ。

ただ助成金と聞くと、「手続きがめんどう・・・」と思う方もいるかもしれませんね。

そんなお悩みを解決したのが、先にも紹介したヌリカエです。

助成金申請はヌリカエを使えば簡単

自分で調べて申請書類を集めるとなると、非常にめんどうな助成金申請。

ですがヌリカエを使えば、使える助成金を調べてくれるだけでなく、助成金申請に必要な書類の書き方助成金申請の経験豊富な屋根修理業者の紹介など、すべて無料でサポートしてくれます。

ヌリカエの使い方はとても簡単。

チャット形式のアンケートに匿名で回答するだけです。

匿名アンケートで屋根修理の相場がわかるヌリカエ

詳しい使い方は、以下の記事にまとめているので、ぜひご確認ください。

屋根塗装の費用を助成金で抑える方法

まとめ

屋根修理の費用目安と、その費用を負担0円にする方法をお伝えしました。

屋根修理の費用は、修理の内容によって異なるため、まずは自宅の屋根の状態を把握しておかなければなりません。費用に応じて、修理するかどうか決めたい場合は、チャット診断で費用を調べられるのでお試しください。

また屋根修理は、自治体が出している助成金を使って費用を抑えられます。

使える助成金の調査や申請のサポートはヌリカエに任せられるので、まずは使える助成金があるかだけでも確かめてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PR編集部

すべての人にとって大切な住居。その屋根を修理するのに、助成金を利用するのは当然の権利であり、誰もがきちんと利用するべきだ。私たちはその事実を広めるお手伝いをしたいと考えています。

お役に立てましたら、一人でも多くの方にシェアをお願いいたします。