鼻隠しについて、7つのポイントで分かりやすく解説

Pocket

鼻隠し新築や屋根リフォームの見積書の中に鼻隠しという文字を見て、鼻隠しって何だろうと思われたことはありませんか。または傷んできたので、鼻隠しの再塗装を検討中なのでは・・・。

そういうわけで、今日は鼻隠しについて色々とお伝えしたいと思います。知っておくと思わぬ余計な出費を抑えることも出来るかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

1.鼻隠しとは

鼻隠し1鼻隠し2

鼻隠し(はなかくし)とは、軒先の先端に取り付けられる横板状の部材をいいます。屋根を支えている垂木(たるき)の切り口を隠すために取り付けられています。

鼻隠しという呼び名は、建築用語で軒先や垂木の先端を鼻先と呼ばれていることに由来します。通常、鼻隠しには雨樋が取り付けられるので、雨樋の下地材の役目も果たしています。

画像参照元:http://refine-r.seesaa.net/article/188689836.html
画像参照元:http://sugihara-sekkei.sblo.jp/article/24063907.html

2.鼻隠しの4つの材質

以前、木製やモルタルの鼻隠しがほとんどでしたが、現在ではガルバリウム鋼板や窯業系の材質に変わりつつあります。

2-1.木製

一番安価であるが、紫外線の影響を受けやすく、再塗装など定期的なメンテナンスが必要。

2-2.モルタル

昔の住宅の外壁はモルタルが多かったので、その延長で鼻隠しもモルタル製が多かったようです。しかし、現在ではモルタル製の外壁が激減しているので、その姿は消えつつあります。

2-3.ガルバリウム鋼板

正確には、木製の鼻隠しにガルバリウム板金を被せたものになります。ガルバリウムは30年以上メンテナンスが不要ですので、1度施工すれば手間要らずで済みます。

2-4.窯業系

多くは、セラミックスやセメント等の複合材の鼻隠しが使われています。そのため、耐久性や化粧性が高く、さらに耐火性も高いのが特徴です。

【窯業(ようぎょう)とは】粘土、ケイ砂、石灰岩などから陶磁器、瓦、セラミックス、セメントなど、非金属原料を高熱処理して作るものを製造する工業のことです。
窯(かま)を使用するため、窯業と呼ばれています。(出典:ウィキペディア)

3.鼻隠しの役目

ここでは、軒先の先端で鼻隠しが果たしている主な役目を4つお伝えします。

3-1.雨水浸入防止

鼻隠しがないと、屋根内部に雨水が浸み込んでしまいます。具体的には、垂木や野地板の切り口や垂木間の空間から雨水が浸入し、雨漏りや腐食の原因になります。

3-2.耐風性を高める

鼻隠しがないと、屋根内部の垂木間の空間に風が吹き込み、屋根に浮力を持たせることになります。屋根自体は、浮力の対して弱い構造になっています。だから台風時などに大きな被害を受ける可能性が高くなります。

3-3.化粧性の向上

化粧とは、建築用語で見た目を整えて仕上げるという意味になります。屋根内部の垂木や野地板の切り口は、決して見た目がいいものではありません。そのため、鼻隠しを取り付けてその部分を隠しているわけです。

3-4.雨樋取り付けのため

鼻隠しは、雨樋の支持金具を取り付けるところでもあります。もしも鼻隠しが無かったら、垂木の切り口部分でしか、支持金具が付けられず、キチンと雨樋を取り付けることは出来ないでしょう。

4.メンテナンス・修理方法

鼻隠しには雨樋が取り付けてあるので、屋根から落ちてくる雨水が雨樋に入る際に飛び散るので、湿気と乾燥を繰り返すので、その分、傷みは激しいといえます。

また2Fの鼻隠しは、意外と風の影響も受けやすい箇所でもあります。そのため、鼻隠しの材質によっては、定期的なメンテナンスが必要になります。代表的なメンテナンス方法と修理方法は以下の2つです。

4-1.再塗装

木製の鼻隠しのメンテナンスは、再塗装になります。約10年~15年が再塗装の頻度ではないでしょうか。詳しい再塗装の方法を知りたい方は
http://www.yuukisougyou.com/tosou_koutei/koutei_hahu1.htmlをご覧ください。モルタル製の場合は、外壁の再塗装と一緒にされることが多いですね。

4-2.交換修理

突風や強風などの風で壊れた場合には、一部または全部を交換修理することになります。はやり、1度割れたり、歪んだりしたときは、新しい物に交換するに限ります。

実際の交換修理方法は下記サイトでご確認ください。→  街の屋根やさん

4-3.メンテナンスや修理時は、一緒に雨樋交換もした方がいい

そのワケは、鼻隠しの塗装や交換修理をキチンとしようとすれば、どうしても一旦、雨樋を取り外すことになるからです。鼻隠しが傷んでいるということは、雨樋もその可能性が高いといえますよね。

だったら、同時に雨樋も交換修理したほうが、ずっとおトクになります。特に足場費用などは、鼻隠し工事と雨樋工事を別々に依頼するのと、同時に依頼するのでは、数十万円の違いが出てきます。足場費用については「足場は必要?不要?|その費用目安について」で詳しくお伝えしています。

5.色合いは白色以外がいい

鼻隠しは、雨樋を取り付ける箇所です。そのため、どうしても雨水の飛び散りなどがあり、濡れてしまいます。当然、水垢などで汚れることもあります。そのとき白色の鼻隠しだったら、余計に水垢が目立ってしまいますので、極力白色以外の色合いにすることをおススメします。

6.鼻隠しと破風板の違いとは

それぞれの形状や材質、役目などにはあまり違いはありません。しかし大きな違いがあります。それは、そこに雨樋が付けられているかどうかの一点に尽きます。

簡潔にいいますと、屋根の周囲で雨樋が付いている側が鼻隠しで、付いていない側が破風板ということになります。こう表現すれば、一般の方にもすぐにその違いが分かりますよね。

7.再塗装と交換修理の費用目安

費用目安 200,000円~600,000円(足場費用も含む)

※通常、鼻隠しだけの工事は行ないません。雨樋工事と一緒に行なうのが普通です。
そのため、上記の費用目安は雨樋交換費用も含んだものになります。
※一般的な規模の住宅で計算しています。(10坪~30坪)

7-1.その費用を負担0円にできる可能性について

実は、鼻隠しが傷んだ原因によっては、その修理費用を実質負担0円にする方法があります。それは、すでに加入されている火災保険です。火災保険には通常、特約の「風災補償」が自動で付帯されています。

パンフ三井住友火災

風災補償とは、強い風で傷んだ箇所の損害額(修理費用)を保険会社が補償・負担してくれる特約事項です。1度、あなたの火災保険の特約事項も確認しておきましょう。

もしかしたら、私の場合は風災かもと思われている方は「雨樋を「タダ」で直せた!修理費用相場と保険で直す方法」で、その仕組みや具体的にどうすれば、0円で修理できるかが書かれているので参考にしてみてください。※リンク先では、鼻隠しと雨樋は同等とお考えください。

8.まとめ

鼻隠しについて基本的なことをお伝えしましたが、もしかしたら、すでにご存じの項目もあったかもしれませんね。ご存じだった方には余計な時間を取らせて、ごめんなさい。小数派かもしれませんが、知らなかった方のお力になれれば、幸いです。

Pocket

The following two tabs change content below.
越尾 酉太

越尾 酉太

株式会社ジャスト 社外相談役の越尾酉太です。一般社団法人 日本損害保険協会の鑑定人でもあります。火災保険で屋根修理出来ることが、保険加入者の「当然の権利」であることを皆様にお伝えするため、日々奮闘中です。

火災保険で修理出来るかどうかをお調べします。

屋根調査を実施中!

もしも、あなたが火災保険加入者で

・屋根・雨樋・漆喰などの修理を考えている

・雨漏りがしている

・カーポート・ベランダ・テラス屋根などを直したい

など、屋根についてお困りでしたら、

まずは屋根調査をお申込みください。

火災保険申請サポート付きの屋根修理工事をご提供しています。

知らないと損!負担0円で屋根修理出来るタイミングとその具体的な手順をお教えします。

ルーフパートナー無料EBook

・今は、まだ屋根に急を要するほどの不具合はない
・よくわからないので、そのまま放置している
・まだ雨漏りしていないから、このままでも大丈夫

などと、屋根修理をいつまでも後回しにしていたら、気付かないうちに思わぬ大きな損をする可能性があります。しかし、だからと言って壊れや破損等をはっきりと確認出来ていないのに、すぐに屋根修理するのも禁物です。

そこで、無料EBookでは負担0円で屋根修理出来るタイミングとその手順をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の住宅屋根の修理時にお役立てください。

無料EBookをダウンロードする

ご質問、ご感想をこちらからどうぞ

*