「庇は付けるべき?無くても大丈夫?」の疑問にお答えします

Pocket

庇ご自宅を建築中、窓に庇が付いていないのに気付いて「このままでも大丈夫かな?」と心配になっているのではありませんか。
建築士に任せているから間違いないと、無理に思い込むのは止めましょう。

気になることは自分で調べるのが、一番の解決方法です。
そこで、今日は一般の方にも分かりやすく庇のことをお伝えしたいと思います。

 1.庇(ひさし)とは

庇:近年庇:玄関

建物の窓や玄関などの開口部の上部に、張り出す日除けや雨除け用の小さな片流れ屋根のことをいいます。

2.庇は付けるべき

新築中の自宅に庇がないと気付かれたら、迷わず付けてもらうように対処すべきです。論より証拠で「庇を付けて失敗した」より「庇を付けておくべきだった」と後悔する方が圧倒的に多いのが現実です。

庇はそんなに大きなものではありませんので、万が一、必要が無かったにしても邪魔でどうしようもないと悔やむことはまずありません。

2-1.原則的に付けられない場合もある(民法234条1項)

しかし、庇を付けたくても付けられない場合があります。それは隣の敷地から近いところに庇を付けたいなどが該当します。日本では、原則的には建物は隣の敷地から50cm以上の距離を取ることが常識とされています。(民法234条1項

ただし、この民法は庇には適用されないとの解釈もあるようです。
詳しくは http://www.mirailaw.jp/info/const03.html で確認できます。しかし、法的にはどうであれ、ご近所さんとのトラブルにならないよう、キチンとケアをしましょう。

3.庇を付けるべき4つの理由

近年では、大きな庇があるとカッコ悪いという風潮が感じられますが、デザインも大切ですが、住宅には機能性を優先すべきではないでしょうか。ここでは、庇を付けるべき4つの理由(機能)をお伝えします。

3-1.雨の吹き込み防止機能

庇を付けていないと、ちょっとした雨でも窓を開けておくと、雨水が部屋に吹き込みます。そのため、夏場の雨天時などは空気の入れ替えも出来なくなります。

3-2.日除け機能

庇がないと、夏場は室内温度が高くなります。反対に庇を付けると、窓からの直射日光が少なくなるので、高温化も防げ、畳や家具などの色褪せも軽減されます。

3-3.防汚性機能

庇があると、窓や玄関が直接、雨水に晒されたり、ホコリを被ることも軽減されますので汚れが付きにくくなります。

3-4.雨漏り防止機能

庇があると、窓や玄関のコーキング部分も直射日光や雨水に晒されることがありませんので、コーキング劣化による雨漏りの可能性を低減できます。

4.庇の種類

ここでは、材質が異なった代表的な5つの種類をお伝えします。あなたの好みに合った種類はどれでしょうか。

4-1.木製

木製といっても上面は、アルミやガルバリウムなどの板金やスレートで覆われています。

4-2.ポリカ

カーポートのミニチュア版といえばイメージしやすいでしょう。オシャレな庇も多くあります。

4-3.アルミ

アルミは「軽量性、耐久性、消音性」にも優れています。

4-4.ガルバリウム

キズが付きにくく耐摩耗性に優れています。遮熱効果もあり環境に優しい材質です。

4-5.ガラス

デザイン重視の方にはおススメです。シックで都会的な庇が実現できます。強化ガラスなので、安全性も考慮されています。

5.修理費用の目安

※庇の新設費用をお伝えしようと関係者に尋ねてみたのですが、庇施工は新築時と同時に行なうことがほとんどなので、庇だけの施工費用は出しようがないといわれました。

それで、ここでは庇の修理費用の目安をお伝えします。

庇の交換修理 20万円~(材料費・施工費込み)

 

6.庇の修理費用を負担0円にする方法

庇が傷んで修理予定の方に朗報です。もしも、すでに火災保険に加入済みでしたら修理費用を負担0円に出来るかもしれません。なぜならば、あなたの火災保険にも特約の「風災・雪災補償」が付いているからです。庇が壊れる原因の一位と二位は「強い風と落雪」です。

少しでも心当たりがある方なら「知らないと損!屋根修理を火災保険で無料にする方法」で火災保険の「風災・雪災補償」のことを詳しくお伝えしていますので、興味があればご覧ください。

7.まとめ

新築時に庇が付いていなかったら、迷わず、追加工事で庇を付けてもらいましょう。もちろん費用は掛かりますが、それ以上のメリットがあるのは間違いありません。

Pocket

The following two tabs change content below.
越尾 酉太

越尾 酉太

株式会社ジャスト 社外相談役の越尾酉太です。一般社団法人 日本損害保険協会の鑑定人でもあります。火災保険で屋根修理出来ることが、保険加入者の「当然の権利」であることを皆様にお伝えするため、日々奮闘中です。

火災保険で修理出来るかどうかをお調べします。

屋根調査を実施中!

もしも、あなたが火災保険加入者で

・屋根・雨樋・漆喰などの修理を考えている

・雨漏りがしている

・カーポート・ベランダ・テラス屋根などを直したい

など、屋根についてお困りでしたら、

まずは屋根調査をお申込みください。

火災保険申請サポート付きの屋根修理工事をご提供しています。

知らないと損!負担0円で屋根修理出来るタイミングとその具体的な手順をお教えします。

ルーフパートナー無料EBook

・今は、まだ屋根に急を要するほどの不具合はない
・よくわからないので、そのまま放置している
・まだ雨漏りしていないから、このままでも大丈夫

などと、屋根修理をいつまでも後回しにしていたら、気付かないうちに思わぬ大きな損をする可能性があります。しかし、だからと言って壊れや破損等をはっきりと確認出来ていないのに、すぐに屋根修理するのも禁物です。

そこで、無料EBookでは負担0円で屋根修理出来るタイミングとその手順をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の住宅屋根の修理時にお役立てください。

無料EBookをダウンロードする

皆様からのコメント

  1. 山田 さんのコメント:

    奈良県の戸建て住宅で築30年近くになります。
    屋根の葺き替えはしていますが、ほかは修理が必要なほどの不具合は見当たりません。しかし、鼻隠しや軒裏・庇はだいぶ弱りかけています。つい先日、雪害と思われる雨樋の曲がりを1ヵ所直しました。数年うちには雨樋の付け替えも必要になると思い、先日、見積もりをしてもらったところです。
    その後、こちらのサイトを拝見しました。知りたいことが幾つかあります。
    1、火災保険は県民共済を利用していますが、風災等による補償は見当たらないようです。「見舞金」の表現が相当するのかもしれませんが、共済は対象外でしょうか? 対象外なら「保険」に変えること検討が必要になります。
    2、風災等があったとしても、ふつうは損害箇所は部分的になると思いますが、屋根や雨樋等の全体について保険が適用されるということでしょうか? 保険の全損や分損という考え方からすると、破損部分だけということにはならないのでしょうか?
    3、「業務内容:火災保険への申請サポート付き屋根修理工事の施工・・・」となっていますが、奈良県も調査と施工について一体引き受けと理解してよいのでしょうか?
    以上、よろしくお願いします。

    • 越尾 酉太 越尾 酉太 さんのコメント:

      山田さま
      お問合せをありがとうございます。早速お答えしますね。
      1.県民共済だと、一般的な風災の場合、最高で40万円しか出ません。その金額ではしっかりとした修理ができない場合が多々ありますので、住宅総合保険に切り替えることをお勧めします。住宅総合保険だと、同じ程度の風災でも100万円以上出ることがあります。
      2.破損部分だけが対象になります。共済でも住宅総合保険でも同様です。
      3.残念ながら、現在奈良県は、優良な工務店が見つかっていないため、調査・施工までに相当の期間が掛かってしまう状況です。

      ※もしかしたら、雪害の雨樋だけなら共済でも修理することが可能かもしれませんね。お時間が掛かりますが、それでもよろしければお力になれると思います。

      • 山田 さんのコメント:

        回答ありがとうございました。当然のことですね。
        他のページに詳しくありました。すみません。

ご質問、ご感想をこちらからどうぞ

*