野地板の基本的な知識|太陽光パネルとの関係について

Pocket

野地板太陽光パネルの設置や屋根の葺き替えをする際に、野地板って、そのままでもいいのかな?それとも取り替えたほうがいいのかな?と思われていませんか?

正しい判断をするには、業者任せでは駄目です。あなたにも野地板の基本的な知識があれば、その迷いも解消されます。

そこで、この記事では野地板についてわかりやすくお伝えします。

 1.野地板とは

野地板3種類

野地板とは、ストレートや瓦など屋根材を支えるために張る板の総称です。野地板の「野」は目に見えないところに用いるという意味です。野地板は屋根材を設置すれば、屋根の上からは全く見えなくなるので、「野」地板と呼ばれる所以です。野地板の厚みは、通常9mm~15mmです。

野地板は、その材質や機能によって大きく3つ分類されます。

2.野地板の3つの種類

 2-1.杉板の野地板

高度成長期以前は、野地板といえば杉板を使ったものが大半でした。杉板とは、杉の木をスライスして板状にしたものです。昔の瓦は、形が均一ではなかったため、瓦下に雨水が浸入することは頻繁にありました。

また現在のようにルーフィングという防水シートを施工技術もありませんでしたので、乾燥しやすい杉板が野地板に使用されるのが普通でした。大工さんによっては、いまだに「野地板は杉じゃなきゃ駄目だ」と言われることもありますが、そんなことはありません。現在では、次項目の野地合板が主流です。

2-2.野地合板

野地板の材質に合板が使用されているものを野地合板といいます。現在ではストレートや瓦など屋根材を支えるために張る板には、ほとんどがこの野地合板が使用されているので「野地合板=野地板」の意味で捉えていいでしょう。合板とは、薄い木板の繊維方向を交互に直交させて何枚かをプレスして張り合わせた板のことです。

杉板の場合は、杉の木の幅よりも広い野地板はありませんが、野地合板は、複数の木板を張り合わせで作りますので、一枚の野地合板が広くでき、雨漏りの危険も少なく、施工効率も上がり、施主にとっても施工業者にとってもメリットのある建材です。

この野地合板の中でも、耐火規制をクリアしたものを耐火野地合板といいます。次は耐火野地合板についてお伝えします

 2-3.耐火野地合板

39野地板:木毛セメント板39野地板:木片セメント板

火災の際に30分以上耐えられる野地合板のことを耐火野地合板といいます。特に準防火地域または防火地域、屋根不燃区域にお住まいの方は要注意です。この地域・区域では耐火野地合板の施工が義務付けられています。

あなたの住まいに耐火野地合板が必要かどうかは、市区町村の都市計画課などに電話問合せすればわかります。該当の課が見当たらない場合は、総合受付で「用途地域を調べたい」といえば、担当課に電話を繋いでくれます。

耐火野地合板には大きく2種類ありますので、その概要をお伝えします。

■木毛セメント板

木材をリボン状に削り取った木毛にセメントを混ぜ、板状に圧縮成型した準不燃材です。加工しやすく、軽量で断熱性・吸音性などに優れています。その密度により普通木毛セメント板と硬質木毛セメント板があります。

 ■木片セメント板

比較的短い木片にセメントを練り合わせ、板状に圧縮成型した準不燃材です。その密度により普通木片セメント板と硬質木片セメント板があります。木毛セメント板と同様に加工性がよく、軽量で断熱性・吸音性などに優れています。

3.野地板の価格目安

杉板の野地板 750円~17,125円/㎡
参照元:http://www.shinrinkyodo.co.jp/list.html
野地合板 913円~1,458円/㎡
参照元:http://kakaku.com/
耐火野地合板 2,608円~9,500円/㎡
参照元:http://www.nichiha.co.jp/noziita/century.html 

 

3.太陽光パネル設置時に気をつける3つのポイント

太陽光パネルを屋根に設置する際に、気をつけるポイントは「野地板の厚み」と「垂木の位置」です。太陽光パネルメーカーでも設置基準が「野地板固定」と「垂木固定」の2つに分かれています。

3-1.野地板の厚みは12mm以上

基本的には、厚みが12mm以上ない場合は、野地板を新しく取り替えてから太陽光パネルを設置するのがいいでしょう。特に築30年以上の住宅では、野地板が12mmに達していない場合が結構ありますので、しっかり確認しましょう。仮に12mm以上の野地板でも太陽光パネルを設置する箇所の野地板には、補強することをおススメします。

業者の中には「そんなことは気にしなくても大丈夫。実際に9mmの野地板でもちゃんと設置できたから」という方もいますが、絶対に信じては駄目です。太陽光パネルが普及しはじめたのは、ここ最近です。問題が発生するのは、これからなのですから。ちなみに12mmに達していない場合は、メーカー保証を受けられないこともあります。

3-2.垂木の位置

垂木とは、野地板を固定する屋根の基礎となる重要な骨組です。その作りは非常に頑丈にできています。そのため、一部の太陽光パネルメーカーでは垂木に固定することを設置基準しています。その場合は、垂木に固定していなければ、メーカー保証を受けることはできません。垂木の間隔と太陽光パネルのサイズが合わなければ、野地板固定を設置基準にしているメーカーに替えたほうが賢明です。

3-3.太陽光パネルメーカー別の設置基準の違い

※以下はメーカーごとの設置基準です。

メーカー 設置基準
東芝 垂木
ソーラーフロンティア 垂木
パナソニック 野地板
京セラ 垂木
シャープ 野地板
長州産業 野地板
ダイキン 垂木
サンテック 垂木

 

4.屋根葺き替え時の野地板について

屋根葺き替え時の野地板の扱いは、その傷み具合によって異なります。野地板の腐食が多く、傷みや損傷が激しい場合が、屋根材とともに新しく取り替えることをおススメします。

そのワケは、いくら見た目の屋根材が新しくなってもその下地が崩れてしまったら元も子もないからです。屋根材が新しくても野地板が凹んでしまったら、すぐに雨漏りすることは想像に難しくありませんよね。

4-1.目安は築30年以上

一応、野地板の葺き替え時期の目安としては、野地合板が普及しはじめる以前の杉板の野地板であれば、一緒に野地板も葺き替えるべきでしょう。具体的には約30年以上前に建てられた住宅の屋根です。これを機会に1度、自宅屋根の野地板が杉板なのか、合板なのか確かめてみるのもいいでしょう。

5.まとめ

屋根の野地板について基本的なことをお伝えしましたが、分かりやすかったでしょうか。この記事を機会に、ご自分でも簡単な屋根点検や雨漏りチェックしてみましょう。

Pocket

The following two tabs change content below.
越尾 酉太

越尾 酉太

株式会社ジャスト 社外相談役の越尾酉太です。一般社団法人 日本損害保険協会の鑑定人でもあります。火災保険で屋根修理出来ることが、保険加入者の「当然の権利」であることを皆様にお伝えするため、日々奮闘中です。

火災保険で修理出来るかどうかをお調べします。

屋根調査を実施中!

もしも、あなたが火災保険加入者で

・屋根・雨樋・漆喰などの修理を考えている

・雨漏りがしている

・カーポート・ベランダ・テラス屋根などを直したい

など、屋根についてお困りでしたら、

まずは屋根調査をお申込みください。

火災保険申請サポート付きの屋根修理工事をご提供しています。

知らないと損!負担0円で屋根修理出来るタイミングとその具体的な手順をお教えします。

ルーフパートナー無料EBook

・今は、まだ屋根に急を要するほどの不具合はない
・よくわからないので、そのまま放置している
・まだ雨漏りしていないから、このままでも大丈夫

などと、屋根修理をいつまでも後回しにしていたら、気付かないうちに思わぬ大きな損をする可能性があります。しかし、だからと言って壊れや破損等をはっきりと確認出来ていないのに、すぐに屋根修理するのも禁物です。

そこで、無料EBookでは負担0円で屋根修理出来るタイミングとその手順をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の住宅屋根の修理時にお役立てください。

無料EBookをダウンロードする

皆様からのコメント

  1. 八島秀明 さんのコメント:

    越尾様
    はじめまして
    野地板の記事は大変参考になりました。
    さて、「民法638条に建物その他の土地の工作物の請負人は、その工作物又は地盤の瑕疵について、引き渡しの後5年間その担保責任を負う」とありますが、屋根を瓦から金属屋根に改修工事をした後に瑕疵が判明した場合に、この金属屋根は、上記条文の「その工作物」に該当するのでしょうか宜しくお願い致します。

    • 越尾 酉太 越尾 酉太 さんのコメント:

      八島さま

      折角、お問合せをいただいたのですが、あくまでも私は屋根修理業者ですので、民法の詳しい解釈まではその詳細を把握しておりません。お力になれなくて申し訳ございません。
      民法の専門家に相談されることをお勧めいたします。

ご質問、ご感想をこちらからどうぞ

*