屋根カバー工法の基本知識|おススメしない3つのワケ

屋根カバー工法の基本知識|おススメしない3つのワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事は計7,959の方が参考にしています。

そろそろ、屋根をリフォームしなければと思い、インターネットで情報収集をされると「屋根カバー工法」っていう言葉をたくさん見かけるようになりました。

なんだか聞き慣れない言葉で、ちょっと気になりますよね。インターネット上では「カバー工法はいい」とか「駄目」または「安い」とか「後で高くつく」など、いろいろと書かれてあります。

しかし結局、屋根カバー工法は大丈夫なのかというと、はっきりと分かりませんよね。「カバー工法はいいのか?」の結論をいうとカバー工法はよくありません。

このページでは、カバー工法の基本知識とおススメしない3つの理由をご説明します。ぜひ参考にしてみてください。

屋根カバー工法の基本知識

カバー工法という名の通り、既存の屋根材の上に新しい屋根材をカバーして行なう屋根の修理方法です。

最もよく行われている「スレート」→「ガルバリウム」のカバー工法で、その工事概要を説明しましょう。

 工事概要

【注意事項】 出典元の会社様は、非常に真面目で優良と思われます。屋根カバー工法のメリット・デメリットをお知らせするために写真を使用させていただきました。決して屋根カバー工法を全否定する意味ではありません。

①古いスレートの上に新しいルーフィングを敷きます

ルーフィングとは、防水シートのことです。

矢印↓

②ルーフィングをガルバリウム鋼板でカバーします。

矢印↓

③棟板金などの水切り金具を取り付けて完了です。

このように非常に簡単な工程でカバー工法はできます。また、ガルバリウムは金属板なので、加工がしやすく、古いスレートを撤去することなく行うので、工事期間も短いのが特徴です。

屋根カバー工法の費用目安

屋根カバー工法80万円~250万円

一般的な大きさの屋根で計算しています。足場代も含む。屋根の状況や敷地環境によっては上記金額の範囲外になることもあります。

他サイトのように客寄せ金額ではなく実勢価格です。

オススメしない3つのワケ

私たちは、この屋根カバー工法をおススメしていません。その理由は下記の3点です

  1. 既存の屋根材を撤去しないから
  2. 屋根が重くなるから
  3. 今後の屋根修理費用が高くなるから

その理由をそれぞれを詳しく説明しますね。

理由① 既存の屋根材を撤去しないから

古いスレートの多くには、アスベストが含まれています。あなたはそのような有毒物が頭の上にあって、安心して生活できますか?すごく不安ですよね。

だからおススメしないのです。また古い屋根材(スレート)には、必ず雨水の水分が含まれています。

その水分がふくまれている屋根材を新しい屋根材で覆ってしまうと、ますます乾燥されません。最悪の場合、屋根の下地まで腐食してしまい、屋根の骨組みそのものが崩壊する可能性も否定できません。

いくら表面を綺麗な新しい屋根材で覆っても、それは見栄えだけです。一番大切なのは、見栄えではなく、雨風から生活を守るその機能ではありませんか。

さらにアスベストの撤去・処理は特殊な作業になります。現在でもアスベスト処理費は高額ですが、業界の予想では今後もその金額は上昇するものと思われています。

だったらアスベスト撤去・処理を将来に持ち越すカバー工法よりも、屋根修理や屋根塗装、屋根葺き替えのほうがいいのではないでしょうか。

理由② 屋根が重くなるから

屋根カバー工法とは、古い既存の屋根材の上に新しい屋根材を敷く工法です。屋根部には二重の屋根材を設置することになります。そうなれば当然、その重量は加算されます。

皆さんもご存知のように住宅上部(屋根部)が重くなればなれほど、住宅の重心が高くなり、地震の際は、その揺れの影響を受けやすくなります。だから私たちはカバー工法をおススメしません。

一部の専門家は、日本の住宅基準を満たしていれば、屋根カバー工法でも問題はないと言われていますが、住宅の重心が低ければ低いほど耐震性アップに繋がることは間違いないでしょう。

理由③ 今後の屋根修理費用が高くなるから

これは、屋根構造が単純に2重になるので雨漏りなどが発生した場合、その原因特定が困難になり、その修理費用が高額になる傾向があるのでおススメしません。

通常の屋根構造でも雨漏り原因が不明な場合もありますので、屋根構造が2重になると雨漏り専門業者でもお手上げかもしれませんね。

もちろん、屋根材をすべて取り替える屋根葺き替え工事を行なえば雨漏りは止まりますが、その費用はかなり高額になるとの覚悟が必要です。

さらに屋根カバー工法をしたために「0円で屋根修理できる方法」が利用できなくなる可能性があるからです。

カバー工法にすると保険が効かなくなる

その「0円で屋根修理できる方法」とは、加入済みの火災保険を活用する方法です。

保険会社も認めている火災保険に自動付帯している「風災・雪災」補償を申請して、その損害金額(修理費用)を保険でカバーする方法です。保険加入者なら、あなたにもその権利はあります。

詳しくは「知らないと損!0円で屋根のリフォームができる可能性がある全手法」記事をご覧ください。

カバー工法の屋根は保険適用率が下がる?

しかし、なぜか屋根カバー工法で修理した屋根は火災保険で屋根を修理できる可能性が極端に低くなります。私たち専門業者がそう感じているので間違いありません。

その理由を推測すると、はやり屋根構造を2重になっている点ではないでしょうか。「風災・雪災」補償は、突風や強風、積雪によって損害を受けたときにその補償をするものです。

カバー工法では被災原因が不明になりがち

カバー工法で修理すると、その後、風や雪の影響で雨漏りがしても、古い屋根材に問題があって雨漏りしている可能性も否めません。

またカバー工法では古い既存の屋根材にネジなどで新しい屋根材を固定しますので、その穴が原因で雨漏りが発生している可能性もあります。

保険会社は常に保険金を出さない理由を探している

詳しいことは承知していませんが、もしかしたら保険会社の内部規定等でカバー工法された屋根は、要注意対象かもしれませんね。

このように屋根カバー工法で修理していなければ、火災保険で修理できるものをわざわざ、火災保険で修理しにくい屋根カバー工法を選ぶ必要はあるでしょうか。

良い業者の選び方

カバー工法で屋根を修理するにしても、はたまた通常の屋根修理や屋根塗装、屋根葺き替えを行なうにしても見積り依頼する業者は慎重に選びたいものです。

そこで、その業者が一発で優良業者かどうかが判明するチェック法を伝授します。それは先ほどお伝えした火災保険の「風災・雪災」補償の存在を利用します。

下記の内容で電話問合せをしてみてください。

魔法の電話問い合わせ方法がある

「突風で屋根が壊れたのですが、安く修理していただけますか?」

仮に風で屋根が壊れていなくても、あえてこの問合せをしてみてください。この問合せで、その業者が考えていることが分かります。

お客様のことを本当に一番優先に考えている業者なら、はじめに必ず火災保険の加入有無を確認するはずです。

例えば「突風で壊れたのですね。それでしたら火災保険に加入されていますか?」などの電話応対になるはずです。

火災保険の加入有無を確認する業者はお勧めできる

もしも、火災保険については全く触れず「まずは無料で屋根を調査させてください」というような電話応対でしたら、その業者は避けたほうが無難でしょう。

なぜならば、自社の利益を一番に考えている業者だからです。

「料金が高い・安い」や「技術がある・ない」など業者を選ぶ際の基準は十人十色ですが、一番重要な基準は、お客様(あなた)の利益を最優先にしているかどうかではないでしょうか。これに勝るものはありません。

お客様(あなた)の利益を最優先にしていれば、その業者は自ずと料金も技術も納得できるものを提供できるはずですから。

まとめ

カバー工法を最優先に考えられていた方には、不機嫌になる記事かもしれませんが、決してカバー工法を全否定しているわけではありません。

あくまでも一業者の主張だと捉えて1つの判断材料にしていただければと思います。

業者選びのチェック法は、全く手間や費用も掛かりませんので、よろしければ試してみてください。きっとあなたの業者選びに役立つはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
越尾 酉太

越尾 酉太

ルーフパートナー管理者の越尾酉太です。一般社団法人 日本損害保険協会の鑑定人でもあります。火災保険で屋根修理出来ることが、保険加入者の「当然の権利」であることを皆様にお伝えするため、日々奮闘中です。

お役に立てましたら、一人でも多くの方にシェアをお願いいたします。

ご質問・ご相談などお気軽にお書きください。

6 コメント - "屋根カバー工法の基本知識|おススメしない3つのワケ"

avatar
  返事があった際、通知を受け取る  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »
匿名
ゲスト

現在、家を建築中なのですが、ハウスメーカーがガルバリウムの屋根の色を間違えて施工してしまいそれを指摘したところ、本来注文していた色のガルバリウムをその上からかぶせます。との説明がありました。
記事を読ませていただき、今回の私の事例とリフォームとは別物かと思いましたが、ハウスメーカーが提案してきた対処法も屋根カバー工法とおなじでリスクがありますでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

埼玉 匿名
ゲスト

築10年の建売住宅に住んでいるものです。
先日、太陽光発電を設置している屋根の点検をしてもらったのですが、屋根材の先端がミルフィーユ状で剥がれていたりカビが生えてボロボロになっている箇所があり塗装では補修効果が無いと言われました。
業者さんからは、カバー工法を勧められたのですが太陽光発電を設置している屋根の補修で一番良い方法は何でしょうか?
アドバイスをよろしくお願いいたします。

夷塚 功
ゲスト

築28年の住宅です 18年前に屋根と壁面の塗り替えをしました
そろそろ塗装をと考えてる所訪問の業者の方が屋根瓦(スレート)がひび割れ・ずれ・苔などがあるのでカバールーフ工法でどうですか?と言われました
雨漏りはありません ネットでは雨漏りしないのであれば必要ないとありますがアドバイスお願いいたします。