危険!web上の悪徳業者に引っかからないための対処方法

危険!web上の悪徳業者に引っかからないための対処方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

悪徳業者15

「手抜き工事をされた」「ボッタクリに遭った」など悪徳業者に騙されることは本当に腹が立ちます。

そして絶対に騙されまいと考えれば 考えるほど疑心暗鬼になり、具体的な行動できなくて、結局 今抱えている問題を解決できないままでいるのではないでしょうか。

しかし、悪徳業者の手口が事前に分かればもう騙されることはありませんよね。その手口を知っておけば、あなたの「悪徳業者に一切関わりたくない」という要望も叶えられます。

そこで 今日はよくある悪徳業者の商法と手口、その対処方法をお伝えします。ぜひ参考にしていただいて、良い業者との出会いを掴んでください。

悪徳業者とは

まず最初にお伝えしておきますが、決して高額な業者がすべて悪徳業者というわけではありません。安い業者でも悪徳業者は多数、存在します。

例えば、寸借詐欺(すんしゃくさぎ)や少額商品の送りつけ商法は、一軒あたりの金額は数千円ですが、人の良さに付け込んだ悪徳業者といえます。

この記事は、悪徳業者の定義を費用対満足度が低い業者としています。

安い悪徳業者の例

例えば、雨漏りでお困りのとき、1万円のコーキング補修でも雨漏りが止まれなければ、その業者は悪徳業者ですよね。

高額な業者 = 悪徳業者ではない

反対に屋根の葺き替え費用が数百万円掛かっても、雨漏りが止まり、屋根も雨樋もピカピカになって満足されれば、その業者は悪徳業者ではありませんよね。

このように高額な費用を支払っても、それに似合った満足度が得られれば、決して悪徳業者ではありません。

よくある悪徳業者の商法

業種別

■ペーパー商法■結婚詐欺■裏口入学詐欺
■商品先物■原野商法■求人まがい商法
■マンション商法■ねずみ講■ネットワークビジネス
■マルチ商法■インターネット詐欺■霊感商法
■資格商法■睡眠商法■展示会商法
■会員権商法■宗教勧誘商法■内職商法
■当選商法■コンプレックス商法■宝石商法
■自動販売機商法■ボランティア商法■財テク商法
■送りつけ商法■教材販売商法■無料点検商法
■エステ■自己啓発セミナー■リフォーム詐欺

厳密には、もっとたくさんの悪徳業者の商法はあると思いますが、内容が想像もできない商法もありますね。

その内容を知りたい方は下記URLをご覧ください。http://www13.plala.or.jp/

販売方法・手口別

1位と2位に関連深いのが いわゆる住宅リフォーム詐欺です。突然電話が掛かってきて、言葉巧みに無料点検に誘い込み、点検時に不安をあおり、法外な金額の契約をさせる悪徳業者の手口です。では その実態を詳しく説明しましょう。

リフォーム悪徳業者の手口

まずは、一昔前に流行したリフォーム悪徳業者の手口からお伝えします。あなたもどこかで聞いたことがある、もしくは経験があるのではないでしょうか。

昔からある悪徳業者の手口

  • 電話をしたらとにかく訪問見積りを薦める
  • 見積書の明細が●●一式
  • 不安を大げさに煽る
  • 相場と比べて見積金額が異常に高い
  • 大幅な値引きをする
  • 保証アフターサービスについて口約束だけ
  • キャンペーン中を理由に契約を急がせる
  • 調査見積り時に別写真を見せる
  • 注文するまで居座る

8見積り工事一式-大幅値引き

ネットで探せば、まだまだ、たくさん悪徳業者の手口がありそうですね。これら手口は今でも現役ですが、かなり世間に知れ渡っているので廃れつつあります。

だからといって、気を緩めると被害に遭いますので、これらの手口も十分に気をつけましょう。

仮に上記のような手口に遭ったら、書類などに一切サインせず、しっかりと「お断りします」と伝えましょう。

「結構です」とかあいまいな言葉では駄目です。民法上では、口約束でも契約は成立すると謳われています。

インターネット上で見られる手口

ここではよく見られるインターネットでの悪徳業者の手口をお伝えします。どれも見た目は良い業者にように見えますが、実は下記のカラクリがあるのです。

手口①:キャンペーン中

キャンペーン中を理由に○○%OFFや無料を全面的に宣伝しているサイトは怪しいと言えます。

実はキャンペーン中というのは、何も理由が見つからないから仕方なくキャンペーン中と表示しているのです。そんな考え方の業者は、はたしてまともな業者でしょうか。

手口②:お客様満足度1位

何を基準に1位といっているのかが明記されていないと、このサイトも悪徳業者と疑っていいでしょう。

もちろん大手企業にように第三者機関の調査結果ということではあれば疑う必要はありません。

手口③:数字の文字数がやたら多い

インターネットの世界では数字の文字数は多ければ多いほど、売上がアップすると言われています。そのため、大して重要でない数字を多く表示しているサイトもずる賢い業者といえます。

例えば、有効期限の月日や問合せ件数、残りの受付可能件数、事例金額などがあります。

手口④:地域最安値に挑戦中!

一見するとその地域で一番安い業者と思われますが、実際はそうではありません。よ~く見てください。挑戦中であり、最安値です!とは書かれていませんよね。

これは よく使われる言葉のマジックなのです。このような姑息な手段を使う業者も悪徳業者の一部といっていいでしょう。

ちなみに似たような手口で…

「当社は地域で2番目に安い業者です」があります。これは2番目かどうかなんて誰にも分かりませんよね。

それと1番目にしないのがミソです。仮に他社が自社よりも安い見積り金額を出した場合も当社は2番目の安い業者ですのでと、いくらでも言い訳ができます。

手口⑤:期間限定

申込みの期限日を設定しているサイトも要注意です。焦らすことによってあなたの判断能力を低下することを知っての確信犯です。

サイト中に秒単位で進んでいく様を時計風に表示して申込みを煽る業者はもってのほかで、あなたの判断能力をマヒさせているだけです。

ネットから古典的な悪徳手口へ

上記の手口で お客様情報を収集し、前項目の「昔からある悪徳業者の手口」へ移行して、悪徳業者はあなたから甘い汁を吸い上げます。

インターネット上で、納得できる理由明記なしで耳障りの良いことばかりを宣伝してる業者は 悪徳業者では?と疑っていいと思います。

一括見積もりサイト・ランキングサイトには気をつけよう!

悪徳者情報が氾濫している状況を逆手に取って、数年前から新たな悪徳業者の手口がいくつか考え出されました。

最も被害が多い手口が、劇場型の「一括無料見積りサイト」と自作自演の「ランキングサイト」です。主に出張サービスの悪徳業者の間では 常套手段になっています。

具体的には 以前 バイク王がやっていた巧妙な「一括無料見積りサイト」が有名です。

http://media.yucasee.jp/
http://zara1.seesaa.net/
http://yamaguchi-law-office.way-nifty.com/

 一括無料見積りサイトとは

この手口の流れをご説明します。(あくまでも私の主観であり、確たる証拠がないことを前提にしてご理解ください)全体の構図は、お客様であるあなたと業者の間に第三者として「一括無料見積りサイト」があります。

その「一括無料見積りサイト」は一切無料・匿名で利用でき、複数の業者に一度に見積り依頼が出せるので手間が省け、一番安くて良い業者に依頼できると思われますが、実態は全くの逆です。

 この悪徳手口を時系列順で解説しましょう。

①「一括無料見積りサイト」にアクセスして見積りを依頼する。

矢印↓

②複数の提携業者から概算見積りが届きます。

矢印↓

③その中から、一社を選び、正式な見積りを依頼します。

矢印↓

④契約後、商品・サービスの提供。

 【解説】

①時点

匿名で可能と書かれているが、それはあくまでも業者に対してであり、「一括無料見積りサイト」運営者に個人情報の詳細を伝えなければならない。

はやり訪問調査なしで概算見積りを出す手前、氏名・住所・電話番号など個人情報はもちろん、場合によっては勤務先や年収などの提出も求められることがあります。

②時点

仮に3社に見積り依頼した場合、3社ともが提携関係にあるので、いくらでも見積り金額の調整ができます。

つまりそれぞれの見積り金額の高低の差はあるが、一番低い金額がすでにボッタクリ金額である可能性が高いのです。

③時点

②時点で、最高見積り金額(超ボッタクリ金額)を見てしまっているので、ちょっと低額なボッタクリ金額でも安く感じてしまい、ついつい気を許してしまい、出張見積りを依頼すると悪徳業者の手口に はまります。

現地では、理由をつけて最初の見積金額より大幅にアップした金額を提示する。または契約するまで居座る。さらに手ぶらでは帰れないと困窮されたりと、あの手この手で契約を迫ってきます。

正直、私には全く経験がないので、具体的な誘導術や話術、態度は想像もつきません。

④時点

こんな劇場型の「一括無料見積りサイト」を展開するサイト運営業者と提携する業者が行なう商品・サービスは、もちろん まともである可能性が低いでしょう。

つまり、「一括無料見積りサイト」にアクセスして見積り依頼した時点で、悪徳業者の手の内に入ってしまい、金額感覚が完全に麻痺させられ、本当の意味での他社との比較ができなくなります。

どんなに用心して近づいても騙されます。「一括無料見積りサイト」を見つけたら、クリックしないで、近づかないのが一番です。

自作自演のランキングサイトとは

ランキング形式のサイトは、検索結果で上位表示されやすいといわれています。

その特性を悪用して自社が1位のランキングサイトを作成して、あたかも第三者から1番支持されているように見せかけます。要するに自作自演のランキングサイト作るわけです。

この悪徳業者の手口とは

そんな事情も知らずに、そのサイトを見た人はこのサイト(業者)はランキング1位だから間違いないと勘違いして個人情報などを教えてしまいます。

後は想像のとおりです。劇場型の「一括無料見積りサイト」と同様にあの手この手で契約を迫ってきます。もうお決まりのコースですね。

よく考えれば分かることですが、自分でランキング1位だと言っている業者ほど怪しい業者はありません。ランキング順位は、自分でなく 自分以外の他者が決めるものです。

ランキング詐欺も進化している

また最近ではランキング手口の進化型が登場しました。それはあたかも第三者業者名でランキングサイトを運営して公平にランキングを行なっているように仕組まれています。

もちろん、これもランキングする方もランキングされる方も結託しての自作自演サイトです

ワンポイント講座

業種にもよりますが、出張サービス型の業者は中小業者が多く、正確なランキングを調べるのはほぼ不可能です。

仮に厳密なランキング付けができたとしてもそのためには、多くの手間や費用が掛かり、それを補うには見積金額をアップせざるを得ません。

そうなれば、当然売上は下がってしまいます。そんな業者自らの足を引っ張ってしまうランキングサイトの存在はありえないのです。

悪徳業者への対処方法

対処方法は大きく分けて2つあります。それぞれ具体的にどうやって対処すればいいのかを説明しますね。

一括無料見積りサイト・ランキングサイトの場合

それはただ1つしかありません。上の項目を参考にして怪しいと思われる業者とは一切の接触を持たないことです。もちろんクリックしてサイトを見るだけでも止めるべきです。

悪徳業者の能力は想像以上に高い

なぜならば、悪徳業者のサイトには「こんな業者を探していた」と思わず膝を叩いてしまうほどの内容が書かれています。(すべてカラクリがありますが…)

一度 それを目にしてしまうと、無意識にあなたの頭は「この業者が良い」と刷り込みがされて、他の業者への関心がなくなり、比較できなくなるからです。

もうそうなると、いくら意識的にこの業者も怪しいかもと思っても 時は経てば やっぱりこの業者が一番いいと判断し、結局 悪徳業者に依頼することになります。

心理学や脳科学を駆使している

悪徳業者は、心理学や脳科学を徹底的に学び、巧みに悪用する能力には非常に長けているといわざるを得ません。

悪徳業者に一般の方が真っ向から挑むことは、中学生がウサイン・ボルトと100m走を競うようなものです。結果はもうお分かりですよね。

おススメの対処方法

一括無料見積りサイト・ランキングサイトに一切アクセスしないことです。

その他サイトの場合

サイトの見栄えや資本金などの会社規模では、悪徳業者かどうかは絶対に分かりません。それを判別するには、どうしても電話相談や対面見積りなどの接触が必要になります。

この手間や時間を惜しまないことが重要です。悪徳業者の被害に遭われている方のほととんどは、手間と時間を掛けていないことが原因です。

では、その接触時のチェックすべきポイントを3つ挙げましょう。

ポイント①:3社以上から見積りを取ること

最低3社ほど見積りを取れば、相場もある程度分かりますし、あなたも見積り慣れして冷静に相手の対応を見極めることができるでしょう。

特に見積書の明細が細かく書かれているかどうかは必ずチェックしましょう。

ポイント②:分からない事は必ず質問する

分からないことが多いと、ついつい質問しづらくなってしまうことがあると思いますが、悪徳業者はそのしづらくなることを狙って専門用語をわざと多用します。

たった1つの質問をしていないために、後悔することはよくあることです。手間だと感じられると思いますが、分からないことは1つも残さず質問しましょう。

ポイント③:要点は書面にする

質問したことへの回答や保証、期限などは必ず書面にして残しましょう。書面にしていないと「言った。言っていない。」の水掛け論になり、結局 損をするのはあなたです。

悪徳業者は口頭では立派なことを言いますが、いざ書面にしてくださいとお願いすると必ず「そこまで私を疑うのですか?」みたいなことを言ってきます。

気の弱い方は「そんな意味ではないです。じゃ書面はいいです。」となります。悪徳業者はまさにその言葉を待っているのです。

その後は、想像どおり「そんなことは約束していない。」と突っぱねられて被害に遭います。よくよく考えると口約束の内容を証拠となる書面にしないっておかしいですよね。

書面を嫌がる業者は悪徳業者と思っていいでしょう。重要なことは必ず書面にしましょう。

もしも住宅屋根の修理業者をお探しでしたら…

ほとんど手間や時間を掛けずに優良業者を見つけられる方法があります。

その方法とは、意中の業者に電話で「ある言葉で問合せ」をするだけです。たった電話1本で その業者が優良かどうかが確実に分かります。

その問合せ内容を知りたい方は「絶対に騙されない!屋根修理詐欺の実態と悪質な修理業者の見分け方」記事をご覧ください。

まとめ

この記事を読まれて インターネット上で見られる悪徳業者の手口とその対処方法は、ご理解いただけたでしょうか。

悪徳業者の手口は日進月歩で進化しているので、また新しい悪徳手口情報が判明しましたら、お伝えしますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
越尾 酉太

越尾 酉太

ルーフパートナー管理者の越尾酉太です。一般社団法人 日本損害保険協会の鑑定人でもあります。火災保険で屋根修理出来ることが、保険加入者の「当然の権利」であることを皆様にお伝えするため、日々奮闘中です。

お役に立てましたら、一人でも多くの方にシェアをお願いいたします。

ご質問・ご相談などお気軽にお書きください。

最初のコメントを頂けますか?

avatar
  返事があった際、通知を受け取る  
更新通知を受け取る »