調布市の屋根修理業者とその費用を負担0円で済ませる方法

Pocket

調布市屋根修理

調布市の自宅屋根が壊れていて、雨漏りするかもしれないと不安になり、急いで屋根修理業者を探されていますよね。でもどの業者に頼めば、後悔しないで済むのか全く検討も付いていないのでは…。

そこで、今日は、同業者である私がおススメする調布市の屋根修理業者とその屋根修理費用を負担0円で済ませる方法をお伝えします。とても役立つ記事ですので、ぜひブックマークしておいてください。

1.調布市の屋根修理に関する統計

最初は、政府が公示している調布市の屋根修理に関する3つの統計をお伝えします。

1-1.【1,750戸】被害がある住宅の戸数

調布市には1,750戸の住宅に破損や腐朽などの損害があります。そのうちの外回り損害は、特に屋根が多いようです。その理由は、屋根が風や雨、雪などから住まいを守っているからです。この被害戸数が多いほど屋根修理が必要になる場面も多くなるでしょう。

参考URL:http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/NewList.do?tid=000001063455
※都道府県編(都道府県・市区町村)の+をクリック後、都道府県を選び、ページ下部にある市区町村23のエクセルボタンをクリックすればデータを入手できます。

1-2.【28,000戸】木造住宅の戸数

調布市の木造住宅は28,000戸あります。木造住宅の多くは、三角屋根が施工されているので、この戸数によって雨漏り等の被害件数も変化します。上記の被害戸数1,750戸から計算すると、約6%の木造住宅には屋根修理の必要性があると思われます。

参考URL:http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/NewList.do?tid=000001063455
※都道府県編(都道府県・市区町村)の+をクリック後、都道府県を選び、ページ下部にある市区町村23のエクセルボタンをクリックすればデータを入手できます。

3-3.【564社】建設業者の会社数

建設業者の多くは、屋根修理も行なっています。調布市にはその建設業者が564社ほど所在しています。その会社数が少ないと、お急ぎで屋根修理を依頼される際、その業者選択肢の数も少なくなり、屋根修理費用が若干高めになる傾向があるようです。

参考URL:http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001065138&cycode=0
※エクセルボタンをクリックすればデータを入手できます。

2.調布市で実績がある屋根修理業者

会社名・屋号 トラストホーム 
電話番号 03-5314-9861 
所在地  東京都世田谷区北烏山6-30-17
ホームページ http://www.trusthome86.com/ 

 

会社名・屋号 洋昌商会 
電話番号 0120-922-670 
所在地 東京都三鷹市中原1-28-23 鈴興ハイム1F 
ホームページ http://www.yosho.biz/ 

 

会社名・屋号 咲建装 
電話番号  0120-586-035
所在地  東京都府中市紅葉丘1-5-4
ホームページ http://www.sakikenso.jp/ 

 

会社名・屋号 家根松瓦店 
電話番号 0424-82-0266 
所在地 東京都調布市国領町1-20-10 
ホームページ なし 

3.上記の屋根修理業者を選んだ際のポイント

ここでは、私が上記の他業者を紹介する際に基準にした3つのポイントをお伝えします。

3-1.良い口コミを現場で聞いたことがあるから

インターネット上の口コミは信用してはいけません。なぜならば、そのほとんどが、意図的に発信されているからです。つまり自作自演の可能性が非常に高いからです。しかし、実際に屋根修理を依頼された人や他の屋根修理業者から称賛される口コミは、信用に値するでしょう。

3-2.協会や連盟などの団体に加入しているから

権威ある団体、例えば全国日本瓦工業連盟等に加入するには、それなりの職人の技術や設備等が必須です。そのためキチンとして屋根修理技術を備えています。また団体には厳しいルールもありますので、悪徳行為ができにくい環境が整っているといえます。

全国日本瓦工業連盟URL:http://www.yane.or.jp/index.cgi

3-3.サイト内容とその構成が良かったから

ストレスなく見られるサイトは意外と少ないものです。屋根修理実績や費用目安、会社概要などが中々見つからないサイトは、見ていてイライラしますよね。そんなサイトの業者は、修理内容の説明も分かりにくく、結局はイメージしていた屋根修理はできないでしょう。

【注意点】前項目でお伝えした屋根修理業者は、あくまでも私の独自判断によるものです。他にもより優良な業者がいる可能性も十分にあります。そのことも踏まえて業者選びを心掛けてください。また上記業者とは提携等の関係は全くありませんので、納得できない屋根修理をされても私たちへのクレームはご遠慮ください。

4.屋根修理の費用を負担0円で済ませる方法

屋根に修理が必要になる原因は、主に突風や台風などの強風といわれています。または「強風」+「経年劣化」が原因であることがほとんどでしょう。そんな時には、屋根修理の費用を負担0円で済ませる方法があります。その方法とは、火災保険の有効活用です。

4-1.火災保険の有効活用方法

パンフ三井住友火災

このように火災保険には、通常 風災補償が自動で付いています。きっとあなたが加入されている火災保険にも付いているはずです。強風が原因で壊れたのなら、その修理費用は保険会社で補償されます。

私の場合は台風などの風災に遭っていないから、火災保険で直せないと思われているのなら、それは間違いです。

4-2.築25年以上の屋根はほとんど風災に遭っている

この動画で示すとおり、実は築25年以上の屋根は、風災に遭っている可能性が非常に高いのです。そのため台風被害に遭っていないからと、火災保険を活用することを諦める必要が全くありません。

火災保険で屋根修理できる詳しい仕組みとその費用を0円で済ませる具体的な方法は「知らないと損!屋根修理の費用目安と0円で直してもらう方法」で詳しくお伝えしていますので、興味がある人はクリックしてみてください。

5.まとめ

今日は、私がおススメする調布市の屋根修理業者とその屋根修理費用を負担0円で済ませる方法をお伝えしましたが、お役に立てましたでしょうか。火災保険に加入済みの人は、その専門業者である私たちまで、ぜひご一報を!

Pocket

The following two tabs change content below.
越尾 酉太

越尾 酉太

株式会社ジャスト 社外相談役の越尾酉太です。一般社団法人 日本損害保険協会の鑑定人でもあります。火災保険で屋根修理出来ることが、保険加入者の「当然の権利」であることを皆様にお伝えするため、日々奮闘中です。

火災保険で修理出来るかどうかをお調べします。

屋根調査を実施中!

もしも、あなたが火災保険加入者で

・屋根・雨樋・漆喰などの修理を考えている

・雨漏りがしている

・カーポート・ベランダ・テラス屋根などを直したい

など、屋根についてお困りでしたら、

まずは屋根調査をお申込みください。

火災保険申請サポート付きの屋根修理工事をご提供しています。

知らないと損!負担0円で屋根修理出来るタイミングとその具体的な手順をお教えします。

ルーフパートナー無料EBook

・今は、まだ屋根に急を要するほどの不具合はない
・よくわからないので、そのまま放置している
・まだ雨漏りしていないから、このままでも大丈夫

などと、屋根修理をいつまでも後回しにしていたら、気付かないうちに思わぬ大きな損をする可能性があります。しかし、だからと言って壊れや破損等をはっきりと確認出来ていないのに、すぐに屋根修理するのも禁物です。

そこで、無料EBookでは負担0円で屋根修理出来るタイミングとその手順をお教えします。 ぜひダウンロードして、今後の住宅屋根の修理時にお役立てください。

無料EBookをダウンロードする

ご質問、ご感想をこちらからどうぞ

*