富士見市の屋根修理業者とその費用を負担0円で済ませる方法

富士見市の屋根修理業者とその費用を負担0円で済ませる方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ららぽーと富士見

富士見市の自宅屋根が壊れていて、雨漏りするかもしれないと不安になり、急いで屋根修理業者を探されていますよね。

でもどの業者に頼めば、後悔しないで済むのか全く検討も付いていないのでは…。

そこで、今日は、同業者である私がおススメする富士見市の屋根修理業者とその屋根修理費用を負担0円で済ませる方法をお伝えします。

富士見市の屋根修理に関する統計

最初は、政府が公示している富士見市の屋根修理に関する3つの統計をお伝えします。

【1,320戸】被害がある住宅の戸数

富士見市には1,320戸の住宅に破損や腐朽などの損害があります。そのうちの外回り損害は、特に屋根が多いようです。

その理由は、屋根が風や雨、雪などから住まいを守っているからです。この被害戸数が多いほど屋根修理が必要になる場面も多くなるでしょう。

参照元:政府統計の総合窓口
※都道府県を選び、市区町村23のエクセルボタンをクリックすればデータを入手できます

【24,470戸】木造住宅の戸数

富士見市の木造住宅は24,470戸あります。木造住宅の多くは、三角屋根が施工されているので、この戸数によって雨漏り等の被害件数も変化します。

上記の被害戸数1,320戸から計算すると、約5.4%の木造住宅には屋根修理の必要性があると思われます。

参照元:政府統計の総合窓口
※都道府県を選び、市区町村23のエクセルボタンをクリックすればデータを入手できます。

【315社】建設業者の会社数

建設業者の多くは、屋根修理も行なっています。富士見市にはその建設業者が315社ほど所在しています。

その会社数が少ないと、お急ぎで屋根修理を依頼される際、その業者選択肢の数も少なくなり、屋根修理費用が若干高めになる傾向があるようです。

参照元:政府統計の総合窓口
※エクセルボタンをクリックすればデータを入手できます。

富士見市で実績ある屋根修理業者

サイト名リスター
電話番号0120-545-366
所在地埼玉県富士見市東大久保354−2
サイト名永瀬瓦店
電話番号049-252-2617
所在地埼玉県富士見市上沢1-10-24
サイト名ユアーズ
電話番号049-268-5922
所在地埼玉県富士見市鶴瀬東2-16-8

お勧めする3つの理由

屋根修理業者の約5割は、ボッタクリや手抜き工事を行なう悪徳業者だといわれています。

そんな中でも前項目で他業者をお伝えした理由は、その屋根修理業者に下記3つのいずれかがあったからです。

サイト内容が分かりやすかったから

一般の人はご存じないかもしれませんが、誰がみても分かりやすくサイトを作成するには、お客様目線の意識が必要不可欠です。

そのため、分かりやすいサイトが作成できていることは、その屋根修理業者が普段からお客様のことを第一に考え、仕事をされている証拠ともいえます。

良い評判を耳にしたことがあるから

屋根修理業界に身を置くと、他業者の悪い評判は耳にタコができるほど聞きますが、「あそこの業者に屋根修理を頼んでよかった」という良い評判は、ほとんど耳にしません。

しかし、そのような状況下でも稀ですが、良い評判を聞くことがあります。一度でも良い評判を耳にした業者は、悪徳業者の可能性は低いと思われます。

一般社団法人に加盟しているから

屋根修理と関連が深い一般社団法人に、全国日本瓦工業連盟というものがあります。

この連盟に加入している業者は、定期的に屋根に関する講習を受け、 瓦屋根工事技士や瓦屋根診断技士などの取得に挑戦されているので、その技術に間違いはないでしょう。

全国日本瓦工業連盟URL:http://www.yane.or.jp/

【注意事項】

私が、前項目で紹介した屋根修理業者が絶対に優良な業者とは限りません。あくまでも私の独自判断と捉えてください。

良い評判の業者でも担当者によっては、その対応が大きく異なることも考えられます。必ず自己責任で屋根修理業者をお選びください。

また「絶対に騙されない!屋根修理詐欺の実態と悪質な修理業者の見分け方」を参考にして悪徳屋根修理業者の見分け方も知っておきましょう。

屋根修理の費用を負担0円で済ませる方法

屋根に修理が必要になる原因は、主に突風や台風などの強風といわれています。または「強風」+「経年劣化」が原因であることがほとんどでしょう。

そんな時には、屋根修理の費用を負担0円で済ませる方法があります。その方法とは、火災保険の有効活用です。

火災保険の有効活用方法

パンフ三井住友火災

このように火災保険には、通常 風災補償が自動で付いています。きっとあなたが加入されている火災保険にも付いているはずです。強風が原因で壊れたのなら、その修理費用は保険会社で補償されます。

私の場合は台風などの風災に遭っていないから、火災保険で直せないと思われているのなら、それは間違いです。

築15年以上の屋根はほとんど風災に遭っている

この動画で示すとおり、実は築15年以上の屋根は、風災に遭っている可能性が非常に高いのです。そのため台風被害に遭っていないからと、火災保険を活用することを諦める必要が全くありません。

火災保険で屋根修理できる詳しい仕組みとその費用を0円で済ませる具体的な方法は「知らないと損!屋根修理の費用目安と0円で直してもらう方法」で詳しくお伝えしていますので、興味がある人はクリックしてみてください。

まとめ

今日は、同業者からみて推薦できる富士見市対応の屋根修理業者とそのワケ、火災保険で屋根修理できる可能性についてお伝えしましたが、参考になったでしょうか。

火災保険に入られている人は、一度その保険証券を確認してみてください。風災補償の文字があれば、実質無料で屋根修理できる可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
越尾 酉太

越尾 酉太

ルーフパートナー管理者の越尾酉太です。一般社団法人 日本損害保険協会の鑑定人でもあります。火災保険で屋根修理出来ることが、保険加入者の「当然の権利」であることを皆様にお伝えするため、日々奮闘中です。

お役に立てましたら、一人でも多くの方にシェアをお願いいたします。

ご質問・ご相談などお気軽にお書きください。

最初のコメントを頂けますか?

avatar
  返事があった際、通知を受け取る  
更新通知を受け取る »